| Login |
2017/10/30
パリ首都圏に出かけた時のことです。まずはエクアンという町にある博物館を見学することにしていたのですが、現地に到着したらほとんど正午。それで、この町にあるレストランで簡単に食事を済ませることにしました。

人口も7,000人を超す町なので、人口が少ないフランスとしたら大きな町と言える規模です。町にある立派な城が博物館になっているので、ちょっとした観光地。




大きな町なのに、レストランが見つからない!

町にはレストランが何軒もあるだろうと思っていました。

ところが、町の中を車でグルグル回ってみても、レストランらしきものが1軒も見えない! このくらい大きな町でレストランがないというのは、かって経験したことがなかったと思います。

いつも頼っているレストラン探しのアプリ「ミシュラン」で探すと、エクアン市内では何も出てきません。町から20キロくらい離れたところにあるレストランをピックアップして、電話で予約を入れようとしました。ところが、ここなら行ってみたいという所は、全て満席だと断られてしまったのです。

フランスで旅行するときには、日曜から月曜日にかけてというのは極力さけるべきだと思いました。もし避けられないなら、出発前に対策を練っておく必要があると痛感。

フランスで旅行するときには、曜日に気をつける! 」で書いたように、日曜や月曜にはレストランがしまっていることが多いからなのでした。


目的は博物館に行くことなので、余りにも遠くにあるレストランに行く気はしません。もう、開いている店があったら、どこでも良いから入ってしまおう、ということになりました。

町の中を何回か車で回りながら、レストランはおろか、商店も余りない感じがしていたのですが、町はずれにはショッピングエリアがありました。日曜日なので当然ながらスーパーなどは閉まっていましたが、レストランが見えます。

車を運転していた友人は、トイレに行きたいし、お腹もすいたと言い出す。入るのは避けるタイプのレストランだったのですが、他に選びようがないのだから仕方ない!

よく見かけるチェーン店なのに、1度も入ったことがない店で昼食をとることになってしまいました。私が知らないフランスがあったのだ、と肯定的に受け取って、興味深い体験だったと思うことにします。


◆ 「バッファロー・グリルというステーキハウス



「バッファロー・グリル」というチェーン店で、日本でいえばファミリーレストランというところでしょうか。

白い建物に赤い屋根。そこにバッファローの角を思わせるロゴマークが付いているので、すぐに見分けることができます。

logo de Buffalo Grill



こういうところでは食事したくない。トイレに行きたいと言った友人も、この手のところでは食事しないタイプ。マクドナルドには、1度だけだけれど、入ったことがあるのだ、と自慢していました。

トイレを使わせてもらうために入って、用を済ませたら出て来たのだそうです。フランスの町で公衆便所を見つけるのは難しいのです。でも、次に行った時には、店を利用した人にだけトイレのドアを開けるコインのようなものをくれるシステムになってしまったので、二度と行くことはなかった、というわけ。

この日もトイレだけ借りてくれることを期待していたのですが、店の中を覗いたら、ウエートレスさんがテーブルに案内してくれてしまいました。

レストランの中に入ってみて分かりました。内装もアメリカンスタイルなんですね。なんだかフランスではないみたい。子どもが泣き叫んでいる声も聞こえてきました。子どもの躾けが厳しいフランスですが、このタイプのレストランなら幼い子どもでも連れていけるのだろうな...。


写真入りのメニューを眺めてみる。どれも食べたくない。

ウエートレスさんがやって来て、小さなグリーン・サラダをテーブルの上に置きました。これはマズイぞ。食べたいものがないからと言って店を出ることができないことになるではないですか?!

不味そうなサラダ...。これを見ただけで、ステーキも不味いのだろうと想像できます。

メニューを眺めながら、食べることになったら一番安いのにしようと思いました。美味しくなさそうなレストランで食事しなければならない時には、そうすることにしているのです。たくさんお金を払って不味かったら、余計に悔しい思いをするでしょうから、それだけは避けるというテクニック!

友人の方は気が狂っているのではないかと思いました。食べたことがないから、という理由でバッファローの肉を注文したのです。水牛ですよね。そんなのフランスにはいないでしょうから、輸入した冷凍肉に決まっているではないですか?

サラダはすぐに運んで来たのに、料理の方は散々待たされました。こういうファーストフード店のようなところで、さっと出てこないというのは何なんだろう?...

なんだかわけがわからないロゼ・ワインを注文していたので、それを飲みながら待つ。冷たく冷えてはいなかったので、アイスクーラーを頼むと持って来てくれたので救われました。

注文した料理が運ばれてくるのを待ちながらワインを飲む。まあ、「飲める」という程度のワインではありました。散々待たされたので、ワインもだんだん冷えて来て飲みやすくなったのです。


冷たい料理が出て来た!

私がとった牛肉の串焼きです。



びっくり。どれもが暖かくないのです。フライドポテトは揚げたてなら、それなりに満足なのですが、ほとんど冷たい。

散々待たされたのは、料理を作っているのに時間がかかったのではなくて、手順が悪くて冷えたらしい。

肉のソースとして選んだのはロックフォールチーズのソースなのですが、癖があるはずのロックフォールの味が全くしない。もちろん、これも冷たい。

日本でチーズを食べると、何で作ったのだろう? 片栗粉の他には何かな? というのは、よく経験するのですけど、フランスにもありましたか。

友人がとった水牛のステーキは、半分くらいは固くて食べられないシロモノだったのだそう。


ともかく、お腹に入れられるものは入れて、デザートなんかは取りたくないないので、お勘定を済ませて店を出ました。

「バッファローグリル」で検索すると、このレストランがお好きな日本人はたくさんいらっしゃるような印象を受けました。日本で食べるのと同じような牛肉の味だからかな...。

久しく行っていませんが、日本のファミリーレストランで出て来る料理は、こういうものだったような気がします。でも、日本の場合は、冷たいフライドポテトなんて出さないと思うけど...。


フランスにあるステーキハウスのチェーン店

Wikipediaによれば、バッファローグリルの1号店は1980年に、パリから34キロにあるAvrainville(現在の人口1,000人弱)にオープンして、現在ではフランス国内に329軒あるそうです。

この類いのステーキ専門のチェーン店には、Courtepaille(クールトパイユ)というのフランチャイズもあります。

こちらはブルゴーニュ出身。1号店は1961年にオープン。現在の店舗数はバッファローグリルより少し少なくて、290軒強ということでした。

クールトパイユも特徴のある建物なので、すぐに分かります。丸い麦わら屋根が特徴。でも、店の中でバーベキューをするので何回か火災を起こして、いつの頃からか、藁ぶき屋根はやめました。あの屋根が可愛かったのですけど。

 

クールトパイユは、もう10年以上前のことですが、旅行の途中で早く食事を済ませるために、2回くらい入ったことがあります。炭火でステーキを焼いていて、サービスも早くて、肉の質も良かったと記憶しています。

フランスのステーキ専門のチェーン店には、Hippopotamus(イポポタミュス)というのもあります。フランス人の友人が、ここのステーキは美味しいのだと言って連れて行かれたのです。かなり昔、パリの店に1度入ったことがありますが、悪くないステーキでした。

どうせステーキなんて焼くだけなのです。さすがフランスは、ファミレスのようなレストランでもステーキは不味くはないという印象が残っていました。ですので、バッファローグリルも悪くないかもしれない、と機体したのだけれど...。

バッファローグリルの年間利用者は2,900万余りもいるとのこと。本当?! フランス本土の人口は日本の約半分で、6,500万人ですから、この数字には驚きます。そんなに行く人が多いとは信じられない。

ステーキを食べさせるフランスのフランチャイズレストランの中で、バッファローグリルはNo.1なのだそう。年商が53,200万ユーロ。それに次いで店が多いクールトパイユはの年商は30,600万ユーロ。

だとすれば、バッファローグリルに人気があるというのは信じないわけにはいかない。


バッファローグリル vs クールトパイユ

レストランのサイトに入っているステーキの写真で比較してみると、やはりクールトパイユの方は本物の牛肉に見える...。
なぜバッファローグリルには人気があるのかな?... まず、安いからなのだろう、と思いつきますよね。2つのチェンレストランを、典型的なビーフステーキのお値段で比較してみます。

アントルコート(肩ロース肉)のステーキの比較:

チェーン店名 ステーキの重さ 値段
バッファローグリル 300 g 19.50ユーロ
(100ぐラム当たり 5.90ユーロ
クールトパイユ 250 g
16.95ユーロ
(100グラム当たり 6.78ユーロ)



アントルコートと同じ部分だけれど骨が付いた
コート・ド・ブッフ(骨付きの肩ロース)のステーキの比較:

チェーン店名 ステーキの重さ 値段
バッファローグリル 550 g
23.50ユーロ
(100 gあたり 4.27ユーロ)
クールトパイユ
400 g
22.95ユーロ
(100グラムあたり 5.74ユーロ)



バッファローグリルの特徴は、ボリュームの割りに安いということになりますか。

クールトパイユで私が食べたことがあるのは、もう10年以上も前のことです。今はオーナーが変わっているらしいので、同じ味を出しているか分かりませんが、味には雲泥の差があった、と私は思いますけどね...。


変なオートバイがいた

日曜日のバッファローグリルは賑わっていました。他にレストランがないからなのかもしれないけれど。

次々にやって来る客の中で、目立ったオートバイで来たカップルがいました。 「変な」と言わずに、「すごい!」と言うべきかな。派手なオートバイだったのです。



私が座っている席から見える場所に止められたので、通りかかった人たちが眺めているのを目にしました。面白いことに、男性より女性たちの方が気を惹かれているのでした。

こういうのを何と呼ぶのでしたっけ?

オートバイの一種、つまり三輪車だと思うのですが、サイドカーではないですよね?

気になったので画像で検索してみたら、T-Rexというのが同じようなタイプに見えました:
カナダ産のトライク"T-Rex"がかっこいい!

こういう車は高価なのだろうと思う。それなのに、あんなところでお食事なさいますか...。でも、アメリカンスタイルのレストラン。お好みにあっているでしょうね。

ブログ内リンク:
★ シリーズ記事目次: フランスの外食事情とホームメイド認証 2015年4月
★ 目次: 食材と料理に関して書いた日記のピックアップ
★ 目次: 乗り物に関して書いた記事(自動車、自転車、トラクター、船など)
フランスにはシャッター通りがない? 2017/05/21

外部リンク:
Restaurants grills : se lancer avec une franchise leader
☆ Wikipedia: Liste de chaînes de restaurants » France
☆ オフィシャルサイト: Buffalo Grill
☆ Wikipedia: Buffalo Grill | Grill Courtepaille
☆ オフィシャルサイト; Restaurants Grill Courtepaille
☆ Wikipedia: Hippopotamus (restaurant)
ファミリーレストラン(ファミレス)を英語でどう言うべきか?
☆ Infos Japon: Les « family restaurants », à la bonne franquette !


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村



カテゴリー: レストラン | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
2017/10/22
フランスで短い旅行に出るときには、できるだけ避けた方が良い曜日があります。


車で旅行するときに避けたい曜日

フランス人の4人に1人はパリ首都圏に住んでいますので、彼らの動きに気をつける必要があります。

その1
金曜日の夕方から土曜日にかけて、パリから地方に向かうのは避ける

パリに住んでいる人が農村で週末を過ごそうとして出かけるので、道路が渋滞するからです。地方からパリに向かう分には全く問題がありません。


その2
日曜日の夕方に、地方からパリに向かうのは避ける

田舎で週末を過ごしたパリの人たちがパリに戻るからです。


その3
週末の動きのように注意しなければならないのは、ヴァカンスシーズンも同様です。パリの人たちだけではなくて、多くの人たちが旅行をするために渋滞が起きるのです。

特に7月と8月が顕著。なぜか、区切りが良いように1日に出発する人が多いような気もするので、その時を避ける。テレビでは高速道路の渋滞注意報をするので、それを参考にします。


車で旅行するとき、日曜日は快適

パリ首都圏の人たちがどの方向で移動するかというのを別にすれば、日曜日の道路は渋滞が少ないというメリットがあります

フランスの高速道路では、大型トラックがたくさん走っています。3車線でも、トラック同士で追い越しをされると時間がかかるので、非常に迷惑。



ところが、日曜日には、高速道路にトラックの姿はないので、非常にスムーズに走行できます。冷凍食品の運搬など、特殊な場合には走行が許される特例を除けば、トラックは走れないという法律があるからです。

日曜日にはトラックがいないと書いたのですが、正確にはどうなっているのか、調べてみました。

トラックが走行禁止の日 禁止時間
土曜日
祭日の前日
22時から24時
日曜日
祭日
0時から22時
祭日でもある土曜日
祭日の前日に当たる日曜日
0時から24時 


バカンスシーズンの土曜日に対する走行規制もありました。2017年の場合は、7月29日、8月5日・12日・19日・26日。アルプス山脈があるローヌ=アルプ地方では、ウインタースポーツの時期の5週間の土曜日が走行禁止なのだそう。

ただし、パリ首都圏のイル・ド・フランス地方では、また別の規制がありました。ややっこしいのだ...。


美味しい料理を食べたいときには、曜日に気をつける

まず、土日と祭日を避けられると、ミシュランの星を持つようなレストランでも、平日ランチメニューを食べられるのでお得。

平日ではないときには予算をあげておく必要があるわけですが、日曜日にはオープンしていない店が多いので注意が必要です。

フランス人たちは、週末には田舎に行ってのんびりする習慣があるからだろうと思うのですが、大きな町の目ぼしいレストランは、日曜日を定休日にしていることが非常に多いです。

ほとんど100%は閉まっている、と思った方が良いくらい。例えば、パリで3つ星を持つレストランの定休日を調べてみたら、日曜日にも開いているのは、超高級ホテルの中にあるレストラン1軒だけでした。



田舎では日曜日でもオープンしていることが多いのですが、評判の良いところは予約で満席になってしまうので、早くから予約をしておく必要があります。

それから、夫婦だけで働いている田舎の小さなレストランでは、水曜日を定休日にしているところも多い感じがします。

これは学校が休みのときには子どもと一緒にいたい、ということのようです。最近では水曜日の午前中には授業をするようになったようですが、以前から水曜日を定休日にしていたのは変えないのかもしれない。

さらに、日曜日にオープンしている店では、それを補うために月曜日を定休日にしていることが多いので、月曜日にもレストランを見つけるのは難しくなります。



少し前に1泊2日の旅行をしたのは日曜日から月曜日にかけてだったので、レストラン探しに苦労しました。

でかける前にレストランを探して予約しておけば良かったのですが、400キロくらい車で走って目的地に到着する旅行だったので、昼時にどのあたりにいるか分からないので、あらかじめ予約を入れるのは避けていたのが悪かった!

旅行中の2日間に美味しい料理を食べるのは諦めるしかない、と思ったのでした。その時のことを続きで書きます。

ブログ内リンク:
★ 目次: 旅行したときに書いたシリーズ記事のピックアップ

外部リンク:
☆ Bison Futé: Véhicules lourds 2017 - Calendrier des interdictions particulières de circuler
Interdictions de circuler des poids lourds



にほんブログ村


2017/10/16
この春、不思議な感覚を味わう体験をしました。

朝起きたときの調子がおかしい。もともと私は低血圧で貧血なので、朝にはフラフラのことがよくあるのですが、いつもと少し様子が違う元気のなさでした。

体がしんどいとか、不快感があるとか、体調が悪いという感覚は全くなくて、ただ力がないというだけ。あの世とこの世の境目にいるような、フワーっとした感覚。息が細くて消え入りそうな感じだけれど、息苦しいというのではない...。

こういう感じで息を引き取れるのは理想だな、と思いました。このままでいたら、す~っと消えていく感じ。むしろ、心地良いのでした。落馬して骨盤骨折をしたときには猛烈な痛さだったので、死ぬときに同じ痛さだけは味わいたくないと願っている私なので、こんな風に静かに息を引き取れるのは幸せです。


このまま息が絶えるか... と思ったのですが、そうは問屋が卸さなかった。

この朝、友人と朝市に行く約束をしていました。なんだか元気がないのだと告げたら、外出は止めようかと言われたのですが、別に病気という感じはないので出かけました。

車の助手席に座って、ぼ~っとしている。でれ~っとした体形...。こういう感覚は、ペルーでチチカカ湖に行く電車に乗ったとき、標高3,000メートル以上という当たりで感じた感覚と似ていたかもしれない。

フラフラと歩きながら買い物をして、昼近くなったら、いつものように元気になってしまいました。いい加減な私...。

でも、こんな風に、蝋燭の火が静かに燃え尽きたように死ねたら幸せだな、という体験が刻まれました。


修道院でシスターから聞いた聖ブリュノーの生涯

古い建築物(フランスで言えば革命前の時代)が好きなので、旅行しているときに城や宗教建築物があると、たいてい見学しています。

20世紀後半だったはずですが、見学するために修道院に入ったら、つまらない建築物。それで、こんなところで時間を失いたくないと思ったのですが、修道女の人が案内をしてくださって、記憶に残る見学になりました。

記憶に残ったといっても、覚えているのは四角い回廊を歩きながら、壁にかかっていた絵の説明だけ。いつのことだったか、どこだったかも思い出しません。

修道院の回廊というのは、こういうところ。僧侶たちはグルグルあるいて瞑想をしたのでしょうか。

 Cloitre prieure Saint-Michel de Grandmont

思い出した修道院の回廊に掲げられていた絵画も、これまた芸術的価値はないと見えるものでした。19世紀に描かれた絵だったかな?...

修道女は、Saint Bruno(聖ブリュノー)の一生を描いた絵画だと説明してくれました。

聖ブリュノーが宗教界に入ったとき、心から尊敬する僧侶がいた。ところが、その人は死を間際にしたときに取り乱してあがいたので、ブリュノーは驚いてしまった。それで彼は、心安らかに死を迎えることができる心を持とう、と決心して修行の道を歩み出した、というところからシリーズ画は始まっていました。

仏教の僧侶でもありそうなお話し。仏教だったら「悟り」とか言うのではないでしょうか?

回廊を回って、ブリュノーの一生を描いた絵画を1つ1つ説明してもらいました。彼は良い行いを色々として、尊敬される僧侶となる。そして、最後に見た絵では、安らかな死を迎えたブリュノーの姿でした。

私もそんな風に心安らかに永眠したい...。


どのブリュノー?

カトリックの聖人では、同じ名前の人が何人もいます。修道女が言っていた聖ブリュノーとは、誰のことなのだろう?

シリーズ画は、師匠の死に立ちあったブリュノーの絵から解説がありました。そういう逸話がある聖人がいるかとインターネットで検索したのですが、何も出てきませんした。

Saint Bruno(聖ブリュノー)で検索したら、修道会カルトジオ会の創設者「Bruno le Chartreux(ケルンのブルーノ)」が出てきました。この人のことだったのかな?... カルトジオ会と聞くと、私が行ったのも、その修道会に属している修道院だったような気もしてきます。


ケルンのブルーノに関しては、彼の死の場面が描かれた「聖ブリュノーの死」と題された絵画がありました。彼の絵はたくさんあるのですが、死の場面が重視されているように感じました。

下は、フランスの古典主義期の画家 Eustache Le Sueur(ウスターシュ・ル・シュウール 1617~1655年)が聖ブリュノーの一生を描いた22枚のシリーズ画の最後の絵。

Le sueur mort de saint bruno.jpg
Mort de Saint Bruno, Eustache Lesueur, Musée du Louvre


この作品が描かれる少し前、イタリア出身でスペインで活躍した画家Vincenzo Carducci(ヴィンチェンツォ・カルドゥッチ 1576~1638年)が同じ題名でケルンのブルーノの死の場面を描いていました。


La Mort de Saint Bruno, Vicente Carducho, 1626, Monastère d'El Paular

こちらはスペインのマドリッドから北に100キロくらいの所にある修道院Monastère d'El Paular(スペイン語でReal Monasterio de Santa María de El Paular)にある絵画だそうです。


Monastère d'El Paular, L'intérieur rénové du cloître avec les peintures de Vicente Carducho.

この修道院のアーケードに、ケルンのブルーノの一生を描いた絵画が54枚埋め込まれているようです。

私が見た回廊に掲げられた絵も、こんな感じで並んでいたのですが、こんなに高い位置にはなかった。

私に説明をしてくれた修道女はフランス語を話していたと記憶しているので、私が見たのはフランスにある修道院だったと思う。あれは複製画だったのかな?...


いつ、どこで聞いたお話しなのかは問題ない...

書いていたら、私が感銘を受けたのはどこの修道院に行ったときに聞いたお話しだったのかが気になってきました。デジカメを使うようになる前は、フランスで撮る写真はスライドにしていたので、昔の写真を簡単に見ることができないのです。

スライドからスキャンしてパソコンに取り込める装置を買ったのですけれど...。Windowsを上のバージョンにしたら使えなくなったので、2台も買っていました。

こんな風な形の機器 ↓

Plustek OpticFilm 8200iAI + 追加フォルダーセット 赤外線ゴミチェック機能(iSRD)付 高解像度フィルムスキャナー 白色LED採用 7200x7200dpi USB接続 OpticFilm8200iAI

いつかスライドを全部スキャンしようと思いながら、装置は買ったのに放棄してしまっている...。自分ですると、スライドに静電気で埃が付いてしまうので、それを払うのも面倒なのです。いつか業者に頼むべきなのだろうな...。

でも、過去は過去ではないですか? 昔の写真を眺めるしかすることがない、という状況には私はならないと思う...。

ブログ内リンク:
★ 目次: 宗教建築物に関する記事
★ 目次: フランスで感じるキリスト教文化
★ 目次: フランスに結婚に関する風習、夫婦・家族関係、生き方
『日本人の死に時 ~あなたは、何歳まで生きるつもりですか?』を読んで 2011/11/26

外部リンク:
☆ Wikipedia: ケルンのブルーノ » Bruno le Chartreux
Prénom Bruno signification, origine, fete
☆ Wikipédia: Mort de Saint Bruno ⇒ Eustache Le Sueur
ウスターシュ・ル・シュウール-主要作品の解説と画像・壁紙-
☆ Wikipedia: Vincenzo Carducci ⇒ Monastère d'El Paular
Restitution des toiles de Vicente Carducho à la Chartreuse del Paular
深く心を揺さぶられる、「生きる」を考えさせられる。偉人たちの最期の言葉


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村