| Login |
2017/10/22
フランスで短い旅行に出るときには、できるだけ避けた方が良い曜日があります。


車で旅行するときに避けたい曜日

フランス人の4人に1人はパリ首都圏に住んでいますので、彼らの動きに気をつける必要があります。

その1
金曜日の夕方から土曜日にかけて、パリから地方に向かうのは避ける

パリに住んでいる人が農村で週末を過ごそうとして出かけるので、道路が渋滞するからです。地方からパリに向かう分には全く問題がありません。


その2
日曜日の夕方に、地方からパリに向かうのは避ける

田舎で週末を過ごしたパリの人たちがパリに戻るからです。


その3
週末の動きのように注意しなければならないのは、ヴァカンスシーズンも同様です。パリの人たちだけではなくて、多くの人たちが旅行をするために渋滞が起きるのです。

特に7月と8月が顕著。なぜか、区切りが良いように1日に出発する人が多いような気もするので、その時を避ける。テレビでは高速道路の渋滞注意報をするので、それを参考にします。


車で旅行するとき、日曜日は快適

パリ首都圏の人たちがどの方向で移動するかというのを別にすれば、日曜日の道路は渋滞が少ないというメリットがあります

フランスの高速道路では、大型トラックがたくさん走っています。3車線でも、トラック同士で追い越しをされると時間がかかるので、非常に迷惑。



ところが、日曜日には、高速道路にトラックの姿はないので、非常にスムーズに走行できます。冷凍食品の運搬など、特殊な場合には走行が許される特例を除けば、トラックは走れないという法律があるからです。

日曜日にはトラックがいないと書いたのですが、正確にはどうなっているのか、調べてみました。

トラックが走行禁止の日 禁止時間
土曜日
祭日の前日
22時から24時
日曜日
祭日
0時から22時
祭日でもある土曜日
祭日の前日に当たる日曜日
0時から24時 


バカンスシーズンの土曜日に対する走行規制もありました。2017年の場合は、7月29日、8月5日・12日・19日・26日。アルプス山脈があるローヌ=アルプ地方では、ウインタースポーツの時期の5週間の土曜日が走行禁止なのだそう。

ただし、パリ首都圏のイル・ド・フランス地方では、また別の規制がありました。ややっこしいのだ...。


美味しい料理を食べたいときには、曜日に気をつける

まず、土日と祭日を避けられると、ミシュランの星を持つようなレストランでも、平日ランチメニューを食べられるのでお得。

平日ではないときには予算をあげておく必要があるわけですが、日曜日にはオープンしていない店が多いので注意が必要です。

フランス人たちは、週末には田舎に行ってのんびりする習慣があるからだろうと思うのですが、大きな町の目ぼしいレストランは、日曜日を定休日にしていることが非常に多いです。

ほとんど100%は閉まっている、と思った方が良いくらい。例えば、パリで3つ星を持つレストランの定休日を調べてみたら、日曜日にも開いているのは、超高級ホテルの中にあるレストラン1軒だけでした。



田舎では日曜日でもオープンしていることが多いのですが、評判の良いところは予約で満席になってしまうので、早くから予約をしておく必要があります。

それから、夫婦だけで働いている田舎の小さなレストランでは、水曜日を定休日にしているところも多い感じがします。

これは学校が休みのときには子どもと一緒にいたい、ということのようです。最近では水曜日の午前中には授業をするようになったようですが、以前から水曜日を定休日にしていたのは変えないのかもしれない。

さらに、日曜日にオープンしている店では、それを補うために月曜日を定休日にしていることが多いので、月曜日にもレストランを見つけるのは難しくなります。



少し前に1泊2日の旅行をしたのは日曜日から月曜日にかけてだったので、レストラン探しに苦労しました。

でかける前にレストランを探して予約しておけば良かったのですが、400キロくらい車で走って目的地に到着する旅行だったので、昼時にどのあたりにいるか分からないので、あらかじめ予約を入れるのは避けていたのが悪かった!

旅行中の2日間に美味しい料理を食べるのは諦めるしかない、と思ったのでした。その時のことを続きで書きます。

ブログ内リンク:
★ 目次: 旅行したときに書いたシリーズ記事のピックアップ

外部リンク:
☆ Bison Futé: Véhicules lourds 2017 - Calendrier des interdictions particulières de circuler
Interdictions de circuler des poids lourds



にほんブログ村