FC2ブログ
| Login |
2018/07/27
ずいぶん前のことですが、仕事仲間から憎らしいことを言われました。
「あなたの仕事はなくなるよ」

何のことかと思ったら、良い翻訳ソフトが出てきているから、フランス語ができるなんていうのは特技にならなくなるとのこと。

確かに、技術が進歩したことによって、価値がなくなった特技はあります。

タイプライターまず、タイピストが思い浮かびます。

今では誰でもパソコンのワープロを使うでしょうから、外資系企業でも、秘書に口頭で文章を伝えたり、手書きの下書きを渡してタイプさせるということは、今では皆無になっているのではないでしょうか?

でも、タイプライターが打てる技術は、ワープロに切り替えられても活かせるから、無駄ではないはず。

和文タイプライターの技術は無用になったでしょうね。

漢字も含めて2千字くらいあって、それでタイプできるのは相当な修練が必要だったと思います。ワープロの出現によって無用になったのは、この技術を苦労して習得した人たちにはショックだったはず。


翻訳ソフト

私は、「ATLAS 翻訳スーパーパック V14.0」という、英語と日本語の翻訳ソフトを持っています。

 

もう新しいバージョンは出さないことにしているそうなので、数年前より価格が下がっていました。でも、高いです! こんな高価なソフトを私が買うはずはありません。一緒に仕事をしていた人が会社の経費で落とすというので、買ってもらったのです。

悪くはないです。専門用語の追加辞書も幾つか入れられますから。少なくとも、スペルや文法には間違いがないのだろうと思って信頼できます。

でも、訳文として出てきた文章をそのまま使うわけにはいきません。訳文として出てきたものを手直ししているうちに、外に出せると思える文章を完成させることができますので、サラサラと英語を書けない私が始めから訳しているよりは効率的。


私にフランス語ができるなんていうのは特技ではなくなると言った友人は、彼が買った翻訳ソフトを自慢していたのでした。仕事で英語を書く必要があるのに、英語は不得意。

それで、翻訳ソフトで作った英語の論文を見せてくれたのですが、ざっと読んだくらいでは意味が全くとれないのでした。私は同じ分野の仕事なので彼が言いたいか分かるし、ああいう日本語を翻訳ソフトに訳させたらこうなるだろうなというのが想像できるので、だいたいの意味は読み取れました。

でも、そういう推察ができない人が読んだら、どの程度理解できるだろう? 見た目は美しいのです! 英語の単語が並んでいるから、英語の文章に見える。この文章はおかしいのではないか、と思うほどの英語力がない人には嬉しいソフトでしょうね。

英語と日本語の翻訳ソフトなら、使う人が多いので性能がアップしていくかもしれない。でも、需要が少ないフランス語と日本語で、優れた翻訳ソフトが日本語で発売されるのは無理だと思う。


高いお金を出してかったソフトが使えなくなるのは悔しい

私が持っている「ATLAS 翻訳スーパーパック V14.0」が優れていると認めるのは、パソコンにインストールされているOSがバージョンアップしても使い続けられていることです。ネットショップではWindows 2000までとなっていますが、私のWindows 8がインストールされたPCで、なんの不都合もなく使えます。

パソコンを新しくすると、OSがバージョンアップするわけで、そのたびに使えなくなるソフトが必ずあります。高い費用で買ったソフトが使えなくなるのは、本当に悔しい!

仏仏大辞典の最高峰「Grand Robert」のCD-ROMを買ったときには、高かったのですが大満足しました。ペーパー版で6冊の辞書が入っていて、パソコンにインストールするので場所をとらないのが最大の魅力。そして、日本とフランスを往復している私には、辞書を持ち歩かなくても使えるので便利。

Le Grand Robert De La Langue Francaise
(フランス語) CD-ROM – 2007/12/15

Le Grand Robert de la Langue Française
- Coffret 6 volumes Relié


私が使っているパソコンには日本語のOSが入ってからでしょうが、このソフトで出てくる辞書の場面は文字化けしたのすが、ちょっと工夫すれば使えました。ところが、Vistaにしたころから、だましても文字化けを無くすことができなくなってしまいました。

フランス語のOSが入っているパソコンなら、OSのバージョンがアップしても使えるので、友達にあげてしまいました。

新しいバージョンのCDが出たというお知らせをもらったのですが、もう買わないです。日本語のOSでも使えるかを出版社に聞いても、いい加減な返事しかしてくれないでしょうから。

Le Grand Robert - coffret numérique pour PC ou Mac - édition limitée CD-Rom (2013年版)

日本語にはこんなすごい辞典があるのかな、と思うような素晴らしい辞書なのですけど...。


無料オンライン翻訳サイト

オンライン辞書は無料なので、変な訳を出されても腹がたたないので、時々使っています。

ヨーロッパ言語同士で翻訳させると、かなり意味が正確にとれるのです。

特に、同じラテン語系のイタリア語。イタリアのサイトをフランス語に一括して翻訳させると、ところどころおかしな部分がある程度で、完璧な翻訳ではないかと思ってしまうほどの文章が出てきます。

英語は得意でないので、ざっと斜め読みにして内容をチェックしたいときには、フランス語に訳して眺めます。

ただし、ヨーロッパの言語を日本語に自動翻訳させるのは、かなり無理があると思っています。ほとんど、でたらめ。

シリーズ記事 【嫌いな国の人を何に喩えるか目次へ
その11


ここのところ、フランス語の「rosbif」という単語には、ローストビーフとイギリス人の意味があることを書いています。

それで、ふと、イギリス人と訳さないと意味をなさない文章を自動翻訳させたら、どうなるのか実験してみたくなりました。


オンライン自動翻訳サイトを比較してみた

まず、自動翻訳させたのは「On a fait match nul contre les rosbifs !」という文章。イギリス人を相手に試合をしたら引き分けだった、いう内容です。

いつも使うのはGoogle翻訳なので、それを使ったら「私たちはローストビーフを引きました!」という飛んでもない訳文が出ました。試合/マッチ(match)というのが訳せなかったらしい。

やっぱり、自動翻訳はいい加減なのだと思ったのですが、これは訳しにくい文章なのですよね。でも、ローストビーフをイギリス人と訳すくらいのことはする自動翻訳があるかも知れないと思って、主だった自動翻訳サイトで訳させてみました。

すると、Microsoft Translatorでは「我々は、英国人に対して引き分けを行った!」と、ほぼ完璧が訳文を出してきたので驚きました。自動翻訳も侮れないのだ!

自動翻訳で使うサイトはGoogleからMicrosoftに切り替えようかと思ったのですが、1つの訳では決められない。前回の記事に入れたブリア=サヴァランの格言でも実験してみました。

すると、見事だと思ったMicrosoft Translatorでは、どうしてこんな訳にするのか頭を傾げるような訳。そして、Google翻訳では、こちらの文章はパーフェクトに訳していました。

さらに、最近の日本に関するニュースの文章で試してみました。

実験結果を入れておきます。誤訳は赤字にしました。

On a fait match nul contre les rosbifs !
Dis-moi ce que tu manges, je te dirai ce que tu es.
La vague de chaleur, qualifiée par l’agence de météorologie de « grand danger pour la santé », pourrait durer jusqu’à la fin du mois.

 翻訳結果  翻訳結果  翻訳結果
Google 翻訳
私たちはローストビーフを引きました

We drew against roast beef!
あなたが食べるものを教えてください、あなたが何であるか教えてあげます。

Tell me what you eat, I'll tell you what you are.
気象庁が「健康への大きな危険」と述べた熱波は、月末まで続く可能性がある。

The heat wave, described by the meteorological agency as "a great danger to health", could last until the end of the month.

Bing Microsoft Translator So-net 翻訳
我々は、英国人に対して引き分けを行った!

We made a draw against the Brits!
何を食べたらいいか教えてくれ

Tell me what you eat, I'll tell you what you are.
「健康への大きな危険」という気象庁の資格を持つ熱波は、月末まで続く可能性がある。

The heat wave, qualified by the meteorological Agency of "great danger to health", could last until the end of the month.

Online-translator.com
彼らは、ローストビーフに対して絵を描きました

They drew against roast beefs!
私にあなたが何を食べるかについて言ってください、私はあなたに、あなたが何であるかについて言います。

Say to me what you eat, I will say to you what you are.
熱波(気象学エージェンシーによってhealth»のための«大きい危険とみなされる)は、月末まで続くことができました

The heatwave, qualified by the agency of meteorology as «big danger for health», could last till the end of the month.

Infoseek マルチ翻訳
人は、ローストビーフとの見込みのない試合をしました!

One made hopeless match against the roast beefs!
私を言います何、あなたは食べます、私はあなたが何であるかについて、あなたに話します。

Say me what you eat, I will tell you what you are.
熱の波、健康のために大きい危険気象学の機関によって制限されて、「月末までの最後は、そうすることができました

The wave of heat, qualified by the agency of big danger meteorology for health ", could last until the end of the month.

エキサイト翻訳
我々 は一致した英国人に対して描画!

We did match draw against the Brits!
教えて、食べるよあなたがいます。

Tell me what you eat, I'll tell you what you are.
「健康に偉大な危険」気象局による説明、熱波は、月の終わりまで持続できます

The heat wave, described by the Agency of meteorology of "great danger to health", could last until the end of the month.

WorldLingo
1つはrosbifsに対してブランクのマッチを作った!

One made null match against the rosbifs!
であるもの食べるものを私に、私言うあなたに言いなさい。

Say to me what you eat, I will say to you what you are.
「健康に対する大きい危険」の気象学の代理店によって修飾されたheatwaveは月の終わりまで持続できる

The heatwave, qualified by the agency of meteorology of “great danger to health”, could last until the end of the month.


フランス語から日本語に自動翻訳させる場合、このサイトは使っても無駄だ、というのははっきり出ていますね。

フランス語から日本語に自動翻訳をする方へのお勧めは、GoogleとMicrosoftの2つで翻訳させて比べるというものでしょうか。


無料の自動翻訳アプリは悪くない

自動翻訳についてインターネットで調べながら書いていたら、ソースネクストが出している翻訳機 POCKETALK の性能が良いという記事が出てきました。

そんな余分なものを持ち歩かなくても、スマホに入れる無料翻訳アプリがあったことを思い出しました。

iPhoneを使い始めた時には面白がって無料アプリを探したのですが、最近は進化しているでしょうに、全く探さなくなっていた。

App Storeで「辞書/辞典/その他」のカテゴリを見たら、いろいろ並んでいました。

とりあえず「Google 翻訳」をインストールして、フランス語で実験してみました。

かなり使えそうなので驚きました!

かなりいい加減に訳していますが、なんとなく言いたいことが分かる文章にしているのだから良いではないですか?

こういう自動翻訳を使うのは海外旅行している時などで、言いたいことは単純なフレーズなのです。「おいくらですか?」、「地下鉄の駅はどこですか?」、「近くにある美味しいレストランを教えてください」、「この料理にはどのような食材が入っているのですか?」などというのは、ちゃんと訳しています。

しかも、このアプリでは、訳したことを発音してくれるだけではなく、文字で書いた文章も並んでいるので便利。同じ訳文をもう一度発音させることもできます。

フランス語は特に発音が難しいので、日本人が話すと、文章は正しくても相手に通じないことが多いのです。これだと正確に発音しているので、理解してもらえないという心配はありません。

もちろん、飛んでもない訳になることもありますが、変だったら相手が聞き直してきて、それを繰り返していたら、言いたいことが伝わるのではないかな?... 「明日の午前8時にここに来てください」と訳させると、「午前」を無視して「8時」と言ってしまっているのですが、「朝の8時に」と言い直せば良いわけです。

待てよ。午前を無視した訳語にしていると気が付くのは、私がフランス語を分かっているからなのだ。でも、聞いた相手は8時なのか、20時なのかを確かめるのではないかな?

日本語からフランス語で翻訳させる実験を少ししてみたら、気がついたことがありました。

フランス語には英語のYouに対応する語が2つあるのですが、馴れ馴れしい呼びかけの「Tu」を使うことが多いようです。でも、意味は通じるのだから良いです。フランス語圏のアフリカの人たちはTuで話すので、それにフランス人は慣れているはずだし。

「・・してください」という日本語を話すと、英語の「Please」に相当する「s'il vous plaît」を必ず頭につけるようです。 ご丁寧ですね。私が話すときには、畏まった時でないと「シルヴープレ」なんて言いません。

日本語から外国語に自動翻訳をさせるときには、ちょっとした工夫があります。

「私は」とか「あなたに」を加えたり、複数なら「猫たち」などと言ってはっきりさせるなど、普通の会話では省いてしまうことを、しつこく入れると間違いが少ないのです。もとの日本語はぎこちなくなりますが、間違いは最小限にする方が良いですよね。

ともかく、全く知らない言語では、だいたいでも良いから訳を作ってくれるのは嬉しいですね。イタリアに旅行したときには、こういうのが欲しかったな。フランス語からイタリア語に訳させたら、かなり正確な訳文をしゃべってくれるはずだし。日本に旅行する予定にしているフランスの友人たちがいるので、このアプリを教えてあげようと思いました。

確かにね...。こういうのがあると通訳の仕事は減るだろうな。大事な商談ならともかく、観光するだけだったら、こんなアプリで間に合わせることができるので、通訳は雇わない!

続き:
フランス人は、なぜイギリス人をローストビーフと呼ぶのか?

シリーズ記事: 嫌いな国の人を何に喩えるか 目次へ





ブログ内リンク:
インターネット情報は辞書代わりにもなる 2008/05/10
★ 目次: パソコン用ソフトウェア、iPhoneアプリについて書いた記事

外部情報:
機械翻訳の歴史と今後の展望
☆ NHK: 「進化する自動翻訳」(くらし☆解説)
☆ 日経新聞: 自動翻訳機で訪日外国人にハロー 記者がトライ
フランポネ franponais



にほんブログ村

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2013/02/14
絵が描ける人って、本当に羨ましい。サラサラと描いているのを見ると、どうして私にはできないのだろう? と思ってしまう...。

 



でも、優れた写真加工ソフトがあるので、普通に撮った写真を絵画風に見せるように加工することができます。それで、よくやっているのですが、何となく不自然にできあがることも多い...。

こんな風に、絵を描いている画像にしたら、なんとなく現実感がでるではありませんか?


優れた写真合成。しかも無料でできる!

スマートフォンで簡単に写真合成をやってくれるアプリを見つけました。お古でもらったiPhoneに入れる無料アプリを探していて出合いました。

無料といっても、素晴らしいアプリがゴロゴロある。 その中でも、これはトップクラスにランクします。

PhotoFunia」という、驚くほど高性能な写真合成アプリ。
それが無料で使えるなんて信じられない!

人間が入った写真なら、顔を選んで使って、色々なものにはめ込んでくれるという優れた機能を持っています。

合成写真も、今までいろいろ作ってきました。

右は、パリで出合ったお爺さんにプレゼントするために、2枚の写真を組み合わせて作ったもの。

お爺さんの写真の背景を消して透明にし、それを富士山の写真にかぶせました。

単純な合成写真なのですが、けっこう手間がかかりました。

iPhoneに入っている写真で色々と遊びました。

パソコンに入っている写真も、iPhoneで取り込めばOK。自分あてのメールに添付して、それをiPhoneで読み込んでアルバムに入れ、それから写真加工アプリを開いて使う。

でも、その手間をかけるのは面倒...。

ところが、オンラインでもできるのでした:
PhotoFunia

こちらは、直接パソコンから写真を呼び込んで使えるので、いたって便利。

それで、どんな合成写真ができあがるか試してみました。

人の顔の合成写真は面白いのですが、ここでは猫の写真がどうなるかをお見せします。

使用したのは、すでにお気づきになられたように、この子の写真です。 




私の猫が、どこにでもいる!

「PhotoFunia」だと、バックはお仕着せの中からしか選べないのですが、数えきれないほどの選択肢が入っています。 どのくらいあるかは、こちらをご覧ください



ただはめ込むだけではなくて、その場の光線に合ったフィルターをかけてくれるのがスゴイ!

どこにでも私の猫のポスターを張れてしまう♪

 

同じ写真を複数入れるものもあります。



ただ光線の具合を変えただけではなくて、川に光が写っていたりもする。



これ、全部、同じ写真を異なるフィルターにかけただけ。
操作は、この上なく簡単!

オンライン加工もスマートフォン用アプリも英語なのですが、複雑なことは何もないので英語をちゃんと読む必要もありません。

素早く加工してくれるので、色々試して、気に入ったものだけを保存することができます。


複数の写真を組み合わせることもできる

写真を複数入れるフィルターもあるので、選んだ猫の妹の写真も使いました。






写真を小さくしたので見えないか思いますが、左のページには好きな文字も入れています。



これは、たまたまチェリーニにそっくりな猫がアルバムを眺めるというフィルターでした。

ただ2枚の写真を選んで指定しただけなのに、角度などを調整して、自然な感じにおさめてしまうのがすごい。


変わった合成もある!



下は、ちゃんと近景と円形でピンとをずらして、映りが悪いテレビ風にしているのがしゃれている♪



写真にするだけではなくて、こんなのを作りたいな、と思ってしまうものもあります。



ワイン・ラベルの文字を好きなように指定できます。

アクセント記号付きの単語(Châteauなど)や日本語も入れられます。



本当の本に見えませんか?

写真加工でこういう画像にしたりできますが、やはり古い本の1ページになっていないと本物風に見えないのですよね。


動く画像にもできる

数は少ないですが、動画にできるものもあります。GIFフィルにするだけなので、動作は同じことの繰り返してしかありませんが。





雑誌をめくっているこの作品は、3枚の写真を動かしているGif形式。

ここではブログの幅に合わせて写真を小さくして入れてきましたが、完成画像の普通サイズはこのくらいの大きさです。もっと大きく高精度の画像にできるものも少しありました。


グリーティングカードにも使えそう

フィルターは数えきれないほどあるので、ここに入れたのは実験して作った画像の一部です。

でも、色々眺めていると、やはり同じ写真から作っているので飽きてきます。違う画像を使えば良いのですけど、一度アップロードすれば何回でも使えて操作が早いので、おうちゃくしました!

ちょっと変わったものにしてみました。






猫の写真ばかり使いましたが、人物だと色々に変装させるので面白いです。猫を人間の頭に入れようとしたら、顔の輪郭を探してはめ込む方式らしく、加工は不可能だと拒否されてしまいました。

5人が写っている写真で実験してみたら、中に入っている人物を選んで(1人ないし2人)合成写真に組み込んだりもしました。あまりにも優れた機能だと感心します。

面白いでしょう?
よろしかったらお試しくださいね。

☆ オンライン加工ができるサイト: PhotoFunia

☆ iPhoneとiPad用アプリのダウンロード(無料): PhotoFunia

☆ Android アプリのダウンロード: PhotoFunia

スマートフォンを選択してアプリをダウンロードできるページ(英語)

☆ 使い方: 『PhotoFunia』画像加工アプリ~おもしろ画像をお手軽作成!




内部リンク:
★ 目次: パソコン用ソフトウェアについて書いた記事
カフェで絵を描いていた人 2009/09/19
パリの公園でつくったお友達 2005/06/29



カテゴリー: パソコン | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
2012/12/16
Outlook 2007でメールの送受信をしていて、今までは問題がなかったのに、突然メールが送信できなくなりました。

トラブルの症状

メールを作って「送信」ボタンを押して[送信トレイ]に入れ、それから「すべて送受信」ないし「すべて送信」をするとメールが送信されるわけですが、メールが[送信トレイ]から出て行かない。つまり、送信されていないらしい。

よく観察してみると、次のことが分かりました。

[送信トレイ]を見ると、これから送信しようとしているメールは「日付:今日」の中にあり、宛先やタイトルは斜体になるはずです。ところが「日付:なし」になっていて、その下にある宛名や件名の文字は斜体ではない

これでは送信できないはずです!

こういう場合、またメールを開いて「送信」ボタンを押せば斜体の文字になるはずなのですが、ならない!

インターネットで検索してみると、同じ症状で困っている人の書き込みがたくさんありました。同じように困っている人たちがこれだけいる、ということは、つまりは欠陥があるということではないですか?!

書いてあった解決法を色々と試してみましたが、全部だめ。

Outlookをインストールし直したり、メールをバックアップして入れなおしたりもしてみましたが、メールはやはり送信できない。

色々やっているうちに、ごまかして使う方法を自分で見つけました。

斜体になっていないメールを残して、別のメールを作ると、それは「日付:今日」の下で正常に斜体になって表示され、これは送信できる。つまり、いつも送信できないメールを残しておいて、本当に送りたいメールを作って送れば良いのかもしれない。

でも、そんなのは気持ち悪いではないですか?

いくら試してもだめなので、諦めようと思いました。でも、翌日になると、やはり解決方法をみつけたくなる。というわけで、3日目にして、ようやくトラブルの原因を見つけることができました。


メールが送信できないのは、iCloudが原因だった!

何時からおかしくなったかを考えると、iCloudを使いだしたのが原因だろうと考えるのが自然でした。

Outlookの連絡先を、iCloudを使ってiPhoneに同期させたのですが、Outlookのメールが送信できなくなったのは、その後だろうと思うのです。

パソコンのiCloudの設定、iPhoneのiCloudの設定で同期をやめさせてみたのですが、変化なし。

ところで、Outlookの連絡先をiPhoneに入れたときは、みごとに入ったので喜びました。でも、Outlookの方変になっていたので慌てました。ところが、iCloudのフォルダができていて、連絡先はそちらに移ってしまっていたのでした。

クラウドなんかに入ったデータは消えてしまうのが心配なので、Outlookのフォルダに連絡先のコピーを入れました。そもそも私には、OutlookとiPhoneを同期させるのは時々やれば良いのであって、常に同期していてくれなくても良いのです。

Outlook独自で連絡先を持つ方法を教えてくれたサイト:
iCloud と同期後、Outlook の 連絡先(アドレス帳)/予定表/タスクが消える

これをやっておいたので、メールの送信ができない問題を解決することができたのでした。

解決した方法は、OutlookにあったiCloudのフォルダをなくしてしまったこと。そうしたら、全く問題なく送信トレイには「日付:今日」で斜体のメールが入るようになりました。

インターネットで解決法を探しまくっても、ずばりのことが書いてあるサイトを見つけられなかったので、書いておく価値があるかもしれない。

それに、私自身のためにもメモしておく必要がある。今回はiCloudとの同期をやめたのですが、また連絡先の変更が多くなったときに同期したくなるはずで、のときは解決法を忘れているでしょうから。


OutlookのiCloudのアドインを2段階で解除する

Outlookのアドインから「iCloud Outlook Add-in」を外してしまうという解決法が紹介されていました:
送信トレイにあるメールをクリックすると、送信日時が ”なし” になり、送信ボタンを押しても送信できない

ところが、ここに書いてあるように外すのは単純にできません。やろうとすると、「このアドインは、このコンピュータのすべてのユーザーが使用できるようにインストールされています。管理者のみがこのアドインを接続または接続解除できます」という警告が出てきて、アドインを削除できません。

「すべてのユーザー」にご迷惑をかけるとおっしゃったって、このコンピュータを使っているのは私だけなのよ! と腹がたつ場面。


管理者としてOutlookを起動する

次の順番でしました:
  1. Cドライブのプログラムファイル(私の場合は「Program Files(x86)」のフォルダ)
  2. その中にある「Microsoft Office」のフィルだに入っている「Office12」のフォルダを開ける。
  3. その中で「OUTLOOK」という名をつけたOutlookのアイコンがついているファイル(アプリケーション)を見つける。
  4. 見つけたファイルを右クリックして開いた窓から「管理者として実行」をクリックしてOutlookを立ち上げる。
これで、あなたは管理者ではないとは言わせなくなります!


iCloud Outlook Add-inのアドインを消す

さて、これでアドイン削除にかかます。
  1. リボンにある「ツール」ボタンをクリック
  2. 開いた窓で「セキュリティー センター」を選んでクリック
  3. 左欄の「アドイン」をクリック
  4. ページ下にある「COM アドイン」の右にある「設定」ボタンをクリック
  5. 開いた窓「アクティブなアプリケーション アドイン」として並んでいる中に「iCloud Outlook Add-in」があり、そこにクリックが入っているので外す。

 
iCloudのアドインを削除した後に画像をとったので、画面には入っていません。

それで「OK」ボタンを押せば良いはず。

でも、この画面を閉じて実験してみると、また「iCloud Outlook Add-in」が復活してきました。そこで、「OK」ではなく「削除」ボタンを押してしまいました。これで解決。

さらに、パソコンのiCloudでログインしていたらログアウトしておきましょう。そうでないと、またOutlookが使えなくなってしまいます。

それにしても、こんな不都合がないようにiCloudを使う方法が存在するのではないかな?...


慎重にやらないといけない!

iCloudが原因だったと思わざるを得ないのですが、私が使っているパソコンはWindows7。アップルと相性が悪いのかもしれない。

あるいは、初めから慎重にiCloudと同期される方法があったのかもしれない。便利そうとだけ思って、マニュアルも見ないで使い始めてしまったのでした。

実は、私はOutlookは予備のメーラーとして使っているだけなので、思い切ったことができました。これが使えなくなったら困るというのだったら、もっと慎重にやったと思います。

Outlook Expressというメーラーは単純で使いやすかったのが、Windowsメールというのになって、それはまあ使い物になったのですが、Windows7を使い始めたらWindows Liveメールというのになって、それがどうしても気に入らない。といってOutlookのメーラーも使いにくいし、Windows Liveメールとの互換性が片手落ち。

それで、今はフリーソフトのThunderbirdを使っています。これも全面的に気に入っているわけではないのですが、Microsoftが次々とメーラーのシステムを変えるのに付き合っているよりマシではないかと思って!

「iCloud Outlook Add-in」を削除したら、Outlookの左側からはiCloudのフォルダーが消えました。連絡先をコピーして残しておいたから良かったけれど、それをしていなかったら連絡先は消えてしまったはず。

でも、こういうことをするのって、危険がともないます。もしやってみられるのでしたら、Outlookのデータは全てバックアップして、いつでも消えたものを復活できるようにしてからなさってください。

また、OutlookとiCloudを同期させておきたい方には、ここで書いたことは使えない解決法でもあるのをお断りしておきます。

ブログ内リンク:
★ 目次: パソコン用ソフトウェアについて書いた記事

外部情報リンク:
アップル - iCloud - あなたのコンテンツを、あなたのすべてのデバイスで
アップル - iCloud - あなたのすべてのデバイス上でiCloudを設定する方法
iCloudとは?設定と使い方


にほんブログ村 トラコミュ コンピューターやネットのトラブル解決へコンピューターやネットのトラブル解決

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (14) | Top
この記事のURL | Rédiger
2012/12/12
パソコンを使っていて、ファイルを間違ってゴミ箱に入れてしまうことがあります。ゴミ箱に入れてしまっただけなら、入っているそのファイルを選んで、「この項目を元に戻す」にすれば簡単に復活できます。

でも、ゴミ箱を空にしてしまった後では、どうしようもない... と諦めますよね?

ところが、パソコンのゴミ箱から削除してしまったファイルは、完全には消えていないのだそう。それで、間違って削除してしまったと気がついたら、取り戻す方法があると聞いていました。

パソコン関係の会社に頼めば、取り戻せるものは取り戻してくれるというサービスがある。でも、お金を払ってまでもする気にはならないので利用したことはありません。

ところが、削除してしまったファイルを復活させる無料ソフトがあるとのこと。本当にできるのかどうか、いつか試してみたいと思っていました。

機会がやってきました。
つまり、間違って捨ててしまったファイルを取り戻したくなった!


フリーソフト Recuva

データ復旧ソフトは幾つかあるのですが、私がインストールしてみたのは「Recuva」という無料ソフト。

復旧できるファイルの種類は、画像、ビデオ、音楽、ドキュメント、圧縮ファイル、電子メール。これらから選んで削除したファイルを選んでも良いし、全部取り出してから探してみてもOK。



検索をかけてみると、パソコンを買った時期とおぼしきころからの、削除したファイルがぞろ~っと出ました。

意外に時間をかけずに探しだしてくれます。ただし、1TBの外付けハードディスクは30分くらいかかりました。

リストアップされた幽霊ファイルは、次のものなどを手掛かりにして探すことができます:
  • ファイル名
  • 場所
  • 最終更新日時
  • ファイルの種類
  • ファイルのサイズ
画像を探すとイメージも出る。さらに、「高度な設定に切替」にすると、作成日や最終アクセス日時もでるので確認できます。

いきなり復旧実験してみるのは、少しためらいがありました。ゴミ箱に入れたファイルを元に戻すようにやられるなら、間違って上書きしてしまう可能性もあるではないですか?

それで、ファイルを作って、それを削除してから、復旧するという実験をしてみました。すると、どこに復旧したファイルを入れるかと聞いてきてくれるのでした。デスクトップにおけば間違いなし。

復元したファイルを置く場所は、どこにあったかを示すドライブと違う場所にするのが望ましいようです。同じところに入れようとすると、次のような警告が出ました。ここで「はい」としてみても、ちゃんと復元されましたけれど。
 



ということで、画像とドキュメントを削除して復旧してみる実験は、みごとに成功♪

無くなったはずのファイルが出てきてくれるのは、嬉しいというか、ちょっと薄気味悪いというか...。


もちろん、復旧できないファイルもありました。ファイルの名前だけ書いてはあるのですが。

クラスタが上書きされているファイルだと復旧不可能。ざっと眺めたところ、消したばかりのものは復旧可能性が高いように見えました。なので、すぐにやってみるのがポイントでしょうね。

詳しい説明は、こちら:
PC Online: 誤って消したファイルを復元したい――「Recuva」

私がダウンロードしたのは、こちらから:
Recuva - Download Builds

英文サイトからダウンロードするのですが、ソフトを使用するときには日本語を選べるのも親切。


ところで、私が復旧したかったファイルが見つかったかどうか?

見つけたかったのはPSTファイルなので、このタイプのファイルは出てこないように思いました。ともかく、復旧実験をしながらファイルが検出されるのを待っている間にパソコンをいじっていたら、保存場所が変わっていただけで、削除されていたわけではないのが判明。

無駄なことをしてしまったわけですが、将来、この無料ソフトをインストールしていたことを良かった、と思うことがあるだろうと思います。



ブログ内リンク:
★ 目次: パソコン用ソフトウェアについて書いた記事


にほんブログ村 トラコミュ フリーソフトへ
フリーソフト


[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2012/10/11
インターネットを使っていて生じるトラブルというのは、どこに理由があるのか分からない。

可能性は以下の通り:

回線のスピードが遅い
フランスのブロードバンド事情は悪くて、回線が切れている、というのも頻繁にあります。バックグラウンドで更新などをやられていると、パソコンは動きは限りなく鈍くなります。

・ブラウザのセキュリティーが邪魔して機能しない
Internet ExplorerとGoogle Chromeを使い分けて対処しています。

・ブラウザの履歴が悪さをしている
履歴を削除すると、簡単に解決してしまうことが多々ある!

具合が悪いと、まずパソコンがおかしくなったのかと思って色々調べてしまうのですが、たいてい他に原因があります。 Windows 7にしてからは、パソコン自体は問題がないことが多いのです。

私の場合、最大の原因は回線の遅さにあることは歴然。東京にいるときは光回線なのですが、フランスに戻ってくると、信じられないくらい遅いと感じるのです…。
 

私のブログは開くのが異常に遅い...

自分のブログなので頻繁に開くわけなのですが、表示されるまでの時間が長すぎると感じていました。

じっと耐えていたのですが、友達から指摘されて、やっぱり...。私のブログがなかなか開かないのは、私のブログに原因があるらしいと決断しました。

いただいたテンプレートを色々とカスタマイズしているので、別のテンプレートに切り替えるのは面倒。でも、いつかはやらなければならないとは思っていました。

調べてみると、このFC2ブログの場合、開くときには左側から開いていくらしい。したがって、本文を右側に入れているのは良くないという指摘がありました。

それで、テンプレートを書き変えて、メニューのようなコラムは右側に入れるようにしてみる。でも、スピードが速くなった感じは全くなし。

それで、意を決して別のテンプレートを使うことにしました。

少し気に入らないところもあるので、まだカスタマイズは続けなければならないけれど、とりあえず完成。

少しは速くなったような気がしますのが、どうなのか?…


インターネットの回線速度

私がフランスで使っているブロードバンドは非常に遅いのです。モデムはすぐに壊れるので、雷がなりそうなときはモデムの電源を切って、電話回線も外すということをしています。

ブログのテンプレートを代えたら開くのが早くなったような気がしたのですが、回線の状態が良いだけなのかもしれない。

回線速度を測ってくれるサイトは色々あるのですが、私が頻繁に使っているのは、次のサイト:
速度測定 スピードテスト ブロードバンド

どこまで正確なのかは知りませんが、オモシロおかしくスピード結果を表現してくれるのです。

… と書きながら、パソコンの反応が悪いなと思って測定したら「スケボー級」と出てしまいました。

絵が出てくるので、スケボーとはスケートボードのことだと知りました。この絵を、かなり頻繁に見るのです。

スケボー級の説明:
小さめのサイズの動画ならこのスピードでOK? 乗り物に例えると、それなりに遊べるけどスピードとしてはまだまだなスケボーといった感じでしょうか。

ブログのテンプレートを新しくてしから実験して、やたらに早いと思ってスピードテストをしたら「電車級」だったのに!… ちなみに、東京で測定すると、いつも「宇宙船級」です!

そのうち、インターネットはほとんど休止状態にまで落ちてしまう。嫌気がさして寝てしまいました。

一夜あけて...

インターネット接続は不可能! モデムのスイッチを入れ直したら、普通に動くようになりました。

やっぱり、ブログが開くのはかなり速くなっと感じるのですが、どうかな?...

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


カテゴリー: パソコン | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
2011/12/20
年末が近づいたので、パソコンの方も大掃除しましょうというわけなのでしょう。PC情報メルマガではパソコンの大掃除特集が目立ちます。

パソコンのPCの動きが遅くなったときには、レジストリがくるってしまっていて、存在しないファイルをグルグル探しているのが大きな原因だろうと思います。でも、レジストリなんかをいじるのは怖い。第一、どこがおかしいのかなどというのは素人には特定できません。

それをしてくれるソフトがあることは知っていたのですが、無料でダウンロードでき、しかもかなり優れているのがあるというのに気をひかれました。


グレーリー・ユーティリティーズGlary Utilities

日経PC Onlineサイトにあった「Cドライブの大掃除で軽く速く」シリーズの中で紹介されていた「グレーリー・ユーティリティーズ」というフリーソフト。

フリーソフトなどというのはPCに悪影響を与えないかと不安になるのですが、PC専門サイトが推薦しているのなら大丈夫そう。

普通の知識では手をつけられないPCの奥の方にあるゴミの処理をしてくれます。無意味にできてしまったレジストリ、リンクが切れているショートカット、持っていても何の役にもたたないエラーメッセージや履歴などのファイルを探し出して捨ててくれます。

その他、スパイウェアの除去、PCを捨てる前にしたいファイルの完全削除、重複しているファイルの検出など、便利な機能もあります。

対応しているのはWindowsで、2000、XP、Vista、7。


さっそくソフトをインストールして、試してみました。たいていの場合には削除する前に、何を消すのか確認できるので安心。しかも、非常に単純で使いやすい。

いらないデータって、恐ろしくたくさん入っているものなのですね。どうしようもないほど動きが遅かったWindows XPまで、何とか使えるではないかというスピードになりました。

操作も早いので気に入ってしまい、何台ものPCをお掃除して遊んでしまいました。

賢くて、ほれ惚れしてしまうほどソフト。しかも無料でダウンロードできてしまうなんてスゴイ!


インストールするときにした私の選択
  • インストールするソフトは2つの中から選択するが、100% freeware のほうをダウンロードする。
  • 使用許諾書に同意した後で出てくる「Install Ask Toolbar」の画面では、インターネットで外国のツールバーを使う必要はないので、左下にある2つの窓からクリックを外してから「次へ」をクリックする。


使い方のポイント
  • ソフトのインストールが済んでGlary Utilitiesが起動したときに開く「1クリックメンテナンス」の画面では、「痕跡の消去」にはクリックが入っていない。クリックすれば、何を消したいのかを選べる画面がでるので安心。
  • 「一時ファイルクリーナー」はディスククリーナーの簡易型らしいので、モジュール「ディスククリーナー」も行う。
  • 掃除がすんだらデフラグをすると、かなり容量が増える。


レジストリをいじる、特に削除してしまうなどというのは怖いのですが、何台かのPCでやってみた結果ではおかしくなったものはありませんでした。

優れものと感心したソフトですが、「これが壊れたら困る」というPCにはインストールしていません。作業を行う前にファイルをバックアップしたり、復元ポイントを作ったりするのは面倒なので。

Glary Utilitiesに関する情報
Glary Utilitiesのダウンロード、インストール
フリーソフト100: Glary Utilities の使い方・詳細
ダウンロードページ(窓の社): Glary Utilities


ブログでソフトを紹介してしまうのには責任を感じるので、Glary Utilitiesは安心して使えるのか少し調べてみました。

フリーソフトを評価する掲示板をみたら、たいていの人は褒めているのですが、PCが使えなくなってしまったと報告している人もあるのでした。確かに、壊れたらPCが動かなくなるレジストリの削除に関しては、あまり詳しく説明が出てこないソフトかもしれません。


シークリーナー(CCleaner)

無料でダウンロードできるクリーナーソフトの中で、定番はCCleanerだ、という人がいました。レジストリのクリーニングについては、Glary Utilitiesが劣るとの報告。

どんなソフトか試したいのでインストールして使ってみました。レジストリの削除に関しては、こちらの方が安全性を重視している感じがしました。ただし、PCを早く動かすために捨てるという点では、Glary Utilitiesの方が色々なものがあって面白いです。CCleanerは、あくまでもクリーナーで、私には少しもの足りなかったです。

CCleanenに関する情報
フリーソフト100: CCleanerの使い方・詳細
PC Online: システムの“ゴミ”を一掃する
PC Online: システムをクリーンアップして最適化
PC Online: 愛機がまだまだ使える、パソコンを「速く」するソフト
やはり、こちらもお掃除しすぎると問題が発生するようですので注意が必要なようです。これを削除するだけなら大丈夫という報告がありました:
取り扱い注意「CCleaner」 


復元できないファイルを取り戻すソフトもあった

同じファミリーなのか、ゴミ箱から削除してしまったファイルなど、普通ではできないファイル復元ができるソフトもありました。これをやってくれる有料サービスの宣伝は見たことがあったのですが。

Glary Utilitiesと同じなら、こちらも優れものなのだろうな...。消してはいけないソフトを消してしまったこと、むかし一回やって真っ青になったことがありました。あの時は諦めましたが、この次にやったらソフトを試してみようと思います。

というか、暇なときに、もっと優れたフリーソフトがあるのか調べて、本当に拾い出せるのか実験してみようっと。

Glary Undelete  ~ダイナミックボリュームにも対応する、シンプルで使いやすいファイル復元ソフト

ファイルを削除すればなくなると思うけれど、ちゃんと残っているのを取り出せるわけなのですね。そうやってとっておいてくれるから、PCを使っているとどんどん容量がなくなっていくわけなのです。

ちなみに、Glary Utilitiesの方には完全にファイルを消去するというのもありました。でも、なぜかエラーが出て消えてくれないデータもあったので、どうなっているのか、よくわかりません。


ブログ内の関連記事
気に入ったフリーソフト:
パノラマ写真を作る無料ソフト: Windows Live フォトギャラリー 2011/11/24
反応がおかしくなったマウスが修復できた♪ 2010/06/18
★ 目次: パソコン用ソフトウェア、iPhoneアプリについて書いた記事




にほんブログ村 トラコミュ フリーソフトへ
フリーソフト



カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2011/11/24
前回の日記「パソコンって、どんどん安くなる...」で書いたようにパソコンを新しくしたのでソフトをインストールしました。Vistaのときのように入れられないソフトが続出して困ることはなかったのでほっとしました。

ソフトのインストールしたり更新したりしていたら、「Windows Liveフォトギャラリー」というのに出会いました。写真アルバムのソフトも画質調整のソフトも持っているので必要ないのですが、パノラマ写真を作る機能があるというのに魅かれました。

パノラマ写真を作るのに使っていたのは、ずいぶん前にフランスで買ったデジカメ付いてきたオマケのものです。露出が異なる写真も一発でパノラマ写真にしてくれるのは良いのですが、画質がかなり落ちてしまうのが欠点でした。

さっそく実験。
使ったのは、アルバムをパラパラ見ていて出てきた2枚の写真です。



かなり昔のデジカメ撮影した写真なので、色が青っぽくでお粗末な写真ですが...。

簡単にできますね。ついでに色合いも加工。

できたのはこちら↓


継ぎ目も全く見えないで仕上がりました。

出来上がった写真に撮影日時も入って保存できるのも気に入りました。今まで使っていたソフトでは消えてしまっていたからです。

もう少しずれている写真で実験しなければソフトの性能は評価できないのですが、まずまず満足。

さっそく、このブルゴーニュの風景をデスクトップの写真にしました。日本にいるときにフランスを思い出すのが、こんな田園風景なのです。こういう色合いの写真を背景にすると、デスクトップのアイコンも見やすくて良いのにも気がつきました。


「Windows Live フォト ギャラリー 2011」のダウンロードページ:
フォト ギャラリー: 写真の見栄えをよくする
   ⇒ フォト ギャラリー: パノラマ写真を作成する




にほんブログ村 トラコミュ フリーソフトへ
フリーソフト


[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2011/11/23
パソコンを新しくしました。それまで使っていたVistaにしたときは本当に憎らしくて苛々したのですが、今回のWindows 7はかなり気に入りました。

Vistaが欠陥品だというのには慣れてしまっていたので、買い替える必要はなかったのです。それで今回は珍しく3年間も使い続けてしまいました。

ところが、フランスの友達が新しいパソコンを買うのを手伝ってあげていたら、やたらに安いのに私のよりずっとスペックが良いので驚いたのでした。それで、帰国したら新しいPCを買うことにしていたのです。


こんなに安いパソコンを買ったのは初めて

パソコンは私にとっては最大のオモチャなので、いつもノートパソコンの中ではトップレベルの機能があるものを買っています。

今回買ったのは、CPUはi7で、4コア8GBのメモリ。
それなのに、10万円くらいで購入できてしまいました。

昔は40万円近くも払ってパソコンを買っていたのが嘘のよう。それでいて、今度のとは比較にならないほど性能が悪かったのですから。

ちなみに、今回買ったのは下のモデル。いつも使っているメーカーのアウトレットショップで、カスタムモデルを買いました。



パソコンの画像をクリックすると、希望のスペックを組んで値段を計算する画面が出ます。

私はソフトはなしでスペックは最高のモデルにしたのですが、普通に使う人だったら7万円くらいで買えてしまうのですよね。

信じられない...。
どうして、こんなに安くなってしまえるのだろう?...


400万円のパソコンを使っていたころ

思い出せば、私が初めてパソコンらしいパソコンを使ったときのモデル(マッキントッシュの Lisa)は、価格が400万円でした。

これは私が買ったわけではなくて、やたらにお金持ちだった会社のものです。先代の社長がオモチャとして Lisa を買ったそうなのですが、彼が転勤したら誰も使いたがらない。物置に放り込まれていたので、私が引き取ったのでした。

その前に私が使っていたパソコンはクリスマスプレゼントでもらったものなのですが、昔のブラウン管テレビのような形をしていて、中身はMS-DOSだけ。自分でソフトを作らなければ何にもしてくれない、というパソコンでした。

当時でもソフトを売っていたのかな?... パソコンとはそんなものなのだろうと思って、プログラムを作って遊ぶことしかしませんでした。

なので Lisa に出会ったら驚きました。単純な機能なので、マニュアルなんか読まなくても使える。それでも、ワープロだけではなくて、表からグラフまで作るという優れもの! でも、よくダウンするので、英語のマニュアルを読んでリカバリを繰り返したっけ...。

何にもしてくれない私のブラウン管のようなパソコンだって、けっこう高かったのではないかな?...




いつもながらの Microsoft おせっかい機能が憎らしいけど...

新しいパソコン、スイスイ動いて気持ち良いです。それと、キーの間にゴミがたまらないキーボードになっているのも気に入りました。

それに、ガーネットレッドも楽しい。私の誕生石はガーネットなのです。思えば、カラフルなPCを持ったのも初めてです。

とは言っても、すべて自分が好きな設定にしないと気が済まないし、Microsoftのおせっかい機能はやめさせたい。「これで良い」と思えるまで調整するのには、かなり時間がかかりました。

にほんブログ村 トラコミュ パソコン、パーソナルコンピューターへ
パソコン、パーソナルコンピューター


[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
2011/07/23
先日の日記で、買い物を手伝ってあげた友達のパソコンが使い始めて1週間たらずでハードディスクがダウンしてしまったという話しを書きました。

機種を選んで、どこで買うかを決めたのは私なので、すっかり落ち込んでおりました。

ところが、予期していなかったことがおきました。1週間たらずで問題が解決してしまったのです♪

こんなに簡単にトラブルがフランスで解決できたのは初めての経験でした。本当に大丈夫なのかを確認できるのには2週間かかるし、代わりの商品を買うのにはまた面倒が発生するはずなので、少なくともパソコンを買いたかった友達には全く問題解決にはなっていないのですが、第一幕はめでたし、めでたしになりました。

買い物するのが楽しくない国、フランス。
今回のパソコン購入の経緯をメモしておきます。



[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2010/12/29

シリーズ記事 パリ郊外旅行記(目次
余談


デジカメにしたのは10年前。現像費がかからないので躊躇なく写真を撮りまくるようになり、写真はどんどん増えていきます。現在のところ、フランスで撮影したデジカメ画像の写真だけでも7万枚くらいあります。

デジカメを使い始めて間もなくから、写真にキーワードをつけたりして写真を整理したアルバムを作ってくれるソフトを使っていました。

前回の日記「パリが蜃気楼のように見える風景」にコメントを入れてくださった"すぎちゃん"からリクエストが来たので、私が使っている写真整理のソフトをご紹介しておきます。


高性能の写真整理アルバム: Adobe Photoshop Lightroom

プロの写真家が膨大な写真を整理するのにも使えるという、Lightroomという画像管理ソフトを使っています。

私が持っているのはバージョン 1.0ですが、書いている今の段階では3.0が出ています(右のバージョン)。

WindowsでもMacintoshで使えるソフトで、ものすごい機能があります!

ちゃんと勉強しないと機能の全てを使いこなせないほど複雑ですが、適当に覚えた機能だけでも十分満足して使っています。



このLightroomは優れものなのですが、メモリを食うので、2GB以上が推奨されていますね。必要なPC環境は、こちらを見ると分かりやすいです

写真にキーワードを付ける作業は大変なのですが、私はコマメにしているので、たくさんある写真の中から選びだすのはかなり簡単にできてしまいます。それから、撮影した日付でも検索できますし、登録した市町村名でも検索できるようにしています。

市町村名を入れるのはかなり大変です。何しろフランスには36以上の市町村があるのですから、区分は細かくなり過ぎてしまうのです。そのうち、デジカメに車のナビのような機能がついて、撮影した場所がコードで自動的に入るようになるのではないでしょうか?

このLightroomが持っている数々の機能はメーカーの説明をご覧ください:
写真管理ソフトウェア Adobe Photoshop Lightroom 3の機能

Lightroom 2のキーワードの活用例:

*画面右下にある全画面表示ボタンを押してご覧ください。

☆ その他のチュートリアル・ビデオ: AdobeTV: Lightroom

このソフトの買い方は3通りあります:
普通版学生・教職員版アップグレード版

楽天市場でAdobe Lightroom 3の価格を比較

もし購入を検討されるのでしたら、まずはAdobeのサイトでダウンロードできる体験版を試してみることをお勧めします。複雑なソフトにアレルギー反応がおきる方は、このソフトは避けた方が良いかもしれませんので!


写真画像とアルバムは外付けハードディスクに

現在のところ、フランスで撮影したデジカメ画像の写真だけでも7万枚くらいあります。フランス以外の写真も含めると、かなりの容量。今調べてみたら、写真画像とアルバムを入れたファイルの重さは230GBでした。

PCは余り容量がないラップトップを使っているので、画像をパソコンにストックしておくのは無理。

それで、写真とアルバムを入れたファイルは外付けハードディスクに入れています。そうしておいても、Lightroomは問題なく動いてくれます。

未だに問題が発生したことはないのですが、怖いのはアルバムが壊れること。シコシコと苦労していれば膨大なキーワードなどが消えてしまうので、バックアップは欠かせません。これは別のポータブル・ハードディスクを使っています。

ポータブルHDDの容量はどんどん大きくなるので、またもう1つ買いたいと思って、調べてみたのでメモしておきます。

バッファローがすきなので、HD-PE640U3-BK(640GB、USB3.0モデル)にするつもり。
☆ HD-PE640U3-BKの価格をチェック

送料との兼ね合いや、保証書が確実に入っているものを選びたいので、右に入れたショップにしようかな…。


バッファローの商品紹介ページ
USB3.0は高速化のほかに何が変わる? 2.0との比較


以前に使っていたアルバム作成ソフト

Adobe Lightroomを使う前は、市販の2つの画像管理ソフトを使っていました。古いソフトで作ったアルバムもあるし、それぞれに好きな機能もあるので、未だにこの2つのソフトはパソコンにはインストールおいて使っています。

一番始めに買ったのは、Visual shotでした。

単純で使いやすいし、楽しい機能もあるのですが、私のようにたくさんの画像を入れて整理するのは無理。

そんなに複雑に検索しないでも良いなら、これでも十分かもしれません。

☆ メーカーサイト: Visual Shot とは(機能など)

ただし、ソフトが販売禁止になってしまったら困るという問題があります。

 ソフテック Visual Shot 11

 ソフテック Visual Shot 11

価格:4,545円(税込、送料別)


せっかく苦労してキーワードなど入れたアルバムが使えなくなるのは残念ですから。Lightroomにしたのも、Adobeなら長続きするソフトを売っているのではないかと思ったからでした。

その次は Contents Base for Windows というソフトを使いました。これも単純に操作できて、20万枚以上の画像データを収納できて、キーワードもアイコンで分かりやすく入れられるので気に入っていました。

ところが、容量が大きい写真をたくさん入れるようになったら、アルバムが壊れてしまうことがよくおきるようになってしまいました。時間をかけて入れたキーワードが全て消えてしまうのは、かなりのショックです!

「これはだめだ」と決心して、Adobe Phtoshop Lightroomに乗り換えたのでした。

このContens Baseはもうサポートがなくなり、事実上消滅したようです。アマゾンで「Contents Base for Windows」を検索すると「現在お取り扱いできません」とでます


無料 画像管理ソフトの定番はPicasa?

無料でダウンロードできるGoogleのPicasaがあります。このソフトを使っている友人は、これで十分満足しているようです。

キーワードを入れた整理もできるらしいですが、友人はパソコンが嫌いな人なので、フォルダに画像を整理するのと、写真加工を少しして遊んでいるだけのようです。

私は使っていないので何とも言えないのですが、本格的に写真を整理するのでなければ、これで十分なのだろうとも思います。

詳しくはこちら:
☆ Picasaヘルプ: 目次
☆ Googleサイト: Picasa 3.8 と Picasa ウェブ アルバムについての使い方

ブログ内リンク:
★ 目次: パソコン用ソフトウェアについて書いた記事


にほんブログ村 トラコミュ パソコンソフトウェアへ
パソコンソフトウェア


[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (5) | Top
この記事のURL | Rédiger
2010/05/05
Ubuntuのロゴ

オープンソースのOSであるUbuntu。バージョン10.04がリリースされたのは、この4月29日。もう少し後になって更新が進んでから使った方が良いのでしょうが、Ubuntuを少し知らなければならない必要が生じたのでインストールすることにしました。

Ubuntuに関する知識はゼロ。とりあえず、CD-ROMを持っていたバージョン 9.10のデモを見てみました。続いて、10.04をインターネットからダウンロードしてデモを見てみたら、こちらは動作がとても早い! やはり10.04を使ってみよう、という気になりました。

インストールは簡単だろうと気楽に考えていたのですが、かなり苦労しました。もうあきらめようかと思ったとき、ようやくインストールに成功。少したつと忘れてしまいそうなので、どこでつまずいて、どうやって解決したか、メモを書いておきます。

私のインストール方法:

・使ったのは壊れても良い古いパソコン。Windows XPが入っている富士通Biblo
・インストールしたのはUbuntu 10.04 Remix
・ダウンロードしたUbuntu 10.04は、CD-ROMではなくUSBに入れて、それでインストールする。
・1台のPCで、Windows XPとUbuntuを両方使えるようにする。
・どのPCでも使えるように、Ubuntuはパソコンにはインストールしないで、USBでUbuntuを使えるようにする。


インストールに苦労してしまった理由

やり方が分かってしまったら、インストールは全く難しくなかったのでした。

四苦八苦してしまった理由:
・PC入っていたWindowsを消してしまうのが怖くておっかなびっくりだった。
・普段使っているPCでインストールの練習をするのは危険なので、古い性能の悪いPCを使った。
・参考にしたマニュアルは説明不足だったので不安な点が多々でてきた。




この特集「インストール・セットアップ完全マニュアル」はよく書けているのですが、前のバージョン9.10なのですよね...。

これも良くできているのですが、やはりUbuntu9.10の解説本。



もしもUbuntuをインストールなさろうとしている方がこの記事を読んでくださるのでしたら、どうかご注意くださいね。私はパソコンについて研修会に参加したことなどは1度もなく、試行錯誤で覚えただけのパソコン知識です。つまり、穴あきだらけの知識! それでも、同じ問題を抱えた方がこのページにたどり着いて、何かヒントを得てくだされば嬉しいです。

インストールに当たっては、サイトで検索して情報を収集しました。でも、さすがに10.04は出たばかりなので、十分な情報が得られませんでした。あちこちの情報をピックアップして、つなぎ合わせて参考にしました。

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
2009/12/29
先日ネットサーフィンしていたら、便利なサイトにぶつかりました。

現地を旅行するときに使いそうな基本的な文章がリストアップされていて、発音してくれるというもの。十数カ国語あります。

この間のイタリア旅行に出る前に見つけておきたかった!…

Learn useful expressions before you go - Free Online Courses




カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2009/11/24
パソコン大好き人間なのですが、どうしてこう次々とトラブルがおこるのかとウンザリすることもあります。

色々設定を変えて遊んでしまうのもいけないのではありますが...。


トラブル 1: IE 7のフリーズ

Internet Explorer 7を使っていたのですが、フリーズばかりするようになってしまいました。

こういう場合、「アドオン管理」を操作するべきらしい。それで、「コイツがいけない」と思えるものを「無効」にしてもダメなので、全部「無効」にしてから、また「有効」にする、というのをやってみたのですが、やはりフリーズは頻繁におこります。

Vistaはおせっかいなので、色々と設定を変えています。「ここがいけなかったのか?」と思われるところをもとに直したりしましたが、フリーズ問題はいっこうに解決しません。


トラブル解決 1: IE 8にバージョンアップ

それで、IE 8へのバージョンアップを拒否していたのですが、フリーズが頻繁になってしまうと、バージョンアップするしかないという気になりました。

でも、春頃だったか、Internet Explorer 8のベータ版がダウンロードできると知ったとき、さっそくインストールしたのですが、これが使い物にならなかったのです。ブログを書くのに必要なプレビュー画面を出すと、Internet Explorerがダウンしてしまったのです。

ベータ版は改善されているかもしれない。前回にIE 8ベータ版からIE 7に戻す方法を知ったので、安心して実験できました。アンインストールすれば、前のバージョンに自動的に戻ってしまうので簡単なのです。

☆ Microsoftヘルプ:
 
Internet Explorer 8 をアンインストールまたは削除する方法を教えてください


IE 8は、ベータ版からずいぶん改良されていたようです。
非常に快適になりました♪

アクセラレータというのも非常に便利♪

薄気味悪いほどスピードが速くなったし、フリーズ問題もすっかり解決しました。

開いたサイトに何か不都合があるらしきとき、自動的にページが閉じるのではありますが、閉じるのは開いたタブだけなので被害がでません。

めでたし、めでたし、と思いきや…。


トラブル2: ノートンで「フィッシング対策にリスクあり」と出る

セキュリティ・ソフトとしては、Nortonの「Norton Internet security」を使っています。

このソフトも、私のPC上のあちこちに名前を出したがるのですが、画面右下のアイコンしか場所を与えていません。小さいので目立たなくて良いのではありますが、ふと気がつくと、ノートンのアイコンが赤くチカチカしています。

私のPCが危険にさらされているとのこと。「フィッシング対策」が「リスクあり」になっていました。

今すぐに解決」ボタンを押せば「安全」になります。
ところが、PCを再起動するたびに「リスクあり」になるのでした...。

ねんじゅうパソコンの設定を変更して遊んでいるので、「あれがいけなかったかな?」というのは思いありました。

例えば、何かするたびに「あなたは管理者ですか?」と聞いてくるのを、いちいち聞いてこないように設定したとか。このPCを使っているのは私だけなのですから、いちいち確認してくれなくなったのを喜んでいたのですが、仕方がない。また元に戻しました。

でも、パソコンを立ちあげるたびに、相変わらず「フィッシング対策にリスクあり」になります。

「今すぐに解決」をクリックすれば「リスクなし」に直るのですが、毎回繰り返すのは煩わしくなってきました。クリックするのを忘れてしまうこともあるので、危険でもあります。


トラブル解決 2: ノートンの「リスクあり」をバージョンアップで直す

仕事仲間に同じトラブルをうったえる人があったので、私の設定がトラブルをおこしていたわけではないらしいと気がつきました。

その人は、IE 8にしてから「リスクあり」が出るようになったと言います。設定なんかをいじっていなければ、どこに問題があるのか特定できるのですね。

インターネットでトラブルを検索してみると、同じ問題の解決策を探している人がゾロゾロと出てきました。どうやら、問題はInternet Securityだけではなくて、他のNorton商品でも発生しているようです。

トラブルの原因は、最新版でないノートンとInternet Explorer 8の相性が悪いことにあるようです。少なくとも私の場合は、それでした。

しばらく探しまわって、掲示板の解答から、ノートンの無償のバージョンアップをすれば解決するらしい、と突き止めました。

ずっとノートンを使っていますが、そんな親切なことをしてくれるメーカーだとは想像だにしていませんでした。過去に憎らしい思いばかりしていたので。PCをリカバリしたら、再インストールする権利を剥奪されていたとか、問い合わせても返事をくれないとか…。

そんな親切なことをしてくれるはずはないとは思いましたが、タダならバージョンアップを躊躇はしません!

手順にしたがってしたら、「Norton internet security」はバージョン 10になってしまいました。

もう「リスクあり」が出ることはなくなり、すっきりしました♪


ノートンのソフトは、無料でバージョンアップできる



もしかしたら、同じ問題をもっていらっしゃる方がこのページをご覧になるかもしらないので、無料のバージョンアップができたURLのリンクを入れておいた方が良いでしょうね。



[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2009/08/16
「ああ、フランスにいるのだ…」と、ため息がでるのは、何かトラブルがおきてサービスが悪いことに突き当たるときです。

前回の日記で書いたように、フランスに戻ってすぐ、インターネットが使えなくなった問題を解決しなければならなくなりました。

こういう場合にどうするかは、今までの経験や、同じ状況になった友達が語った話しをもとにしてサバイバルします。インターネットが使えなくなってから数日後、それしかないと判断して、プロバイダーのブティックにモデムを持ち込むことにしました。

店に入って、ここらしいと思える行列に並びました。朝早かったので、並んでいるのは10人たらず。


辛抱強く、待つ!

カウンターには利発そうな若い男性がいて、携帯電話やモデムの故障などをテキパキと処理しています。日本なら、クレーム処理係がクレーム処理をしているのは当然のこと。でも、自分の役割を果たす人が担当になっているのを見るのは、フランスでは希少価値があるのです!

この人なら問題を解決してくれるのではないかと頼もしく感じて、辛抱強く順番が来るのを待つことにしました。

少しすると、列を作っている人たちの間で、それぞれの不幸(?)をご披露するようになりました。「こういう酷いことをされた」という自慢話し(?!)。おしゃべりしている方が、ぼ~っ待っているより気がまぎれます。

クレーム処理係の若い男性は、とても優秀そう。お客が持ち込む問題を処理していっています。お年寄りなどには懇切丁寧な説明をしている。ユーモアもあって対応しています。待っている人たちの中にはそれを受けて冗談を飛ばす人もあって、和気あいあいとした雰囲気で時間が過ぎていきました。

クレーム処理係のカウンターの横には、故障で引き取ったモデムを入れた段ボール箱があります。並んでいた一人が「モデムの墓場」と称したのが面白い。係の人が席をはずしたとき、写真を撮ってみました。

回収されたモデムを入れた段ボール箱

本当は、段ボールの箱は開いていて、もっとすさまじい光景だったので写真をとりたくなったのでした。でも、行列を作っていた私たちが笑ったりしていたので、係の人が照れながら箱の蓋をして少し片づけてしまいました。写真は、その状態を撮影しています。


お客様は下でにでないといけない

アフターサービスを頼むときに、係の人を怒らせないことがフランスでのサバイバル方法の第一原則です。トラブルがあることに腹をたてている勢いでうっ憤を相手にぶつけらら、とりあってもらえないのがフランスです。電話で文句を言ったら、ガチャンと電話を切られてしまって、どうしようもないことになるだけです。

順番を待つ私たちは過去のトラブルをご披露しあっていたのですが、カウンターの向こうにいる係の人に気づって、みんな控えめに話していました。話が盛り上がるのは、係の人が席をはずして何かを探しに行ったようなとき。

むかし、心理学者が言っていたことを思い出します。テロリストや人さらいに拉致された人たちは、解放された後でも犯人を悪くは言わないもので、むしろ好意を感じてしまっている、という話しです。命を握られた人には、好意さえ感じてしまうものなのだそうです。

クレーム処理係の男性が辛抱強い、と、みんな褒めています。こうしてじっと立って待っている私たちの方が、よほど辛抱強いと思うのですけれど!


ようやく順番が来る

順番待ちをしてから1時間以上たっていました。「モデムよ、壊れていておくれ!」と、祈る気持ちでモデムを差し出します。

私のインターネットが通じないのはモデムの故障が原因だったら、モデムを交換してくれるだけで解決することですから。段ボール箱には回収されたモデムがぎっしり入っていたのですから、私のだって故障している可能性は大ではないですか? しかも、最新型のモデムもでていることが分かったので、なんでも良いから新型にしてもらいたかったのでした。

私が持ち込んだモデムを回線につないで待つこと、しばし。
モデムのランプがチラチラして….、
それから、なんと、ちゃんと回線が通じたことを示す緑のランプがともるではありませんか!

モデムに異常なし?!
としたら、何が原因でインターネットにアクセスできないの?!…

ぞ~っとする瞬間。

- 続く -



インターネット回線のトラブルについては、、今年の初めにも愚痴っていました:
インターネット回線のトラブル: フランスのサービスって・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger
2009/07/08
Vistaを使い始めて2年目。さすがVistaにも慣れてきて、そう悪くもないかなという気になっていました。持ち歩き用に使っているXP入りのPCを時々使うと、ない機能があるので不便に思ったりもするし...。

でも、前回の日記に書いたようなトラブルが発生すると、やはりVistaはおせっかいで憎らしいと感じてしまいます。


良い情報ページを発見♪

というわけで、またまたインターネットで「Vista」と「おせっかい」をキーワードにして検索してみたら、読んだことがない記事がみつかりました。

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: パソコン | Comment (0) | Top
この記事のURL | Rédiger