FC2ブログ
| Login |
カテゴリ「その他の国」 に入っている記事一覧

 HOME  

2010/12/02

マダガスカル土産をいただいて その3


マダガスカルから帰ってきた友人から旅の話を聞いても、どんな国なのか想像がつきませんでした。

ところが、テーブルクロスのお土産も持ってきたといって、これを見せてくれたら、とたんに親近感を持ちました。



バオバブが刺繍してあったのです♪
ナプキンもセットになっていました。こちらにも小さなバオバブが刺繍してあって可愛い。


バオバブの木といえば、星の王子さま!

バオバブという、一度聞いたら覚えてしまう名前の木と出会ったのは『星の王子さま』でした。思い出せば、アフリカが舞台だったのでした。

Le Petit Princeきつねと王子さま王子さまとバラの花小惑星B-612の王子さま

ストーリーは出だしからして好きでした。それとバオバブが私の記憶の中で結びついてしまっていたのですが、始めに登場するのはバオバブではなくて、ウワバミでしたっけね。

操縦士の「私」は、砂漠に一人でいた不思議な男の子から「ヒツジの絵を描いてちょうだい」と言われる。

いい加減に絵を描いてみせると、男の子は「そんなゾウを飲み込んだウワバミではなくて、ヒツジの絵が欲しいのだ」と言う。

つまり、今まで誰も理解してくれなかったウワバミの絵を、王子様は理解してしまう、というエピソード。

バオバブの木バオバブも王子様は嫌っていた。

それで、私の記憶が混乱してしまっていたらしい...。



こんな絵を見て、いったいどんな木なのかな... と、私は思いをはせていたはずです。


星の王子さまは根強い人気があるのですね。
日本では色々な星の王子さまグッズが売られていました

フランスは日本ほど色々なものは売っていないのですが、それでも星の王子さまグッズが目に止まります。

8月、つまりフランスでは新学年を前にした時期のショーウインドーです ↓

フランスの店先

星の王子さま』が出版されたのは1943年。第二次世界大戦中に書かれたなどとは思ってみたこともなかったのではないかな?...

この本は、Wikipedia日本語では世界で8,000万部、フランス語ページの方では1億3,400万部売れているとのこと。いづれにしてもすごい数字ですね。

『星の王子さま』については、先日書いた日記でも思い出していたところでした。でも、バオバブの木を刺繍したテーブロクロスを見せられたのも、もっと前のこと。


バオバブを選ぶか、花を選ぶか?

友人は、別の友人にもと思って、テーブルクロスを2枚持ってきていました。私に見せてくれたのはマダガスカルで有名なバオバブだったのですが、もう1つの方が気に入ったら、そちらでも良いと言ってくれました。

ピンクのお花が刺繍してあります。



こちらの方が手が凝っている。糸を抜いてレースのようにした部分もあるのです。「私はバオバブ」 と思いながらも、だんだんお花の方も捨てがたくなってきました。

迷いますね…。

そうしたら、「両方とも置いていくから、考えて選ぶように」と言われました。それで友人が帰ったあと、テーブルに広げて、どちらの方を選ぶか考えながら写真をとったのです。

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: その他の国 | Comment (4) | Top
この記事のURL | Rédiger
2010/08/19

シリーズ記事
【レストランからワイナリーに直行した日(ブルゴーニュ南部)(
目次
その2


前回の日記で書いたレストランではフォア・ド・ヴォーをメイン料理としたのですが、前菜は夏らしい料理を選びました。


前菜はイタリア風


Tomates grappes farcies mozzarella, jus pistou, mouillette de focaccia

料理の名前を見ると、モッツァレッラチーズを詰めたトマトに、ピストゥーのソース(バジルのペースト)を添えています。

それに、「mouillette de focaccia」とあるのですが、これはなに?

focacciaというのはイタリアのパンで、フォカッチャ

何かを付けて食べる形に細いパンにしたのが「mouillette」のようです。




気になった家族連れのテーブル

料理を食べ始めたころ、向こうに子どもを二人連れたカップルが席をとりました。

料理を選んでいて、お子様ランチを注文しようとしらしいのですが、そういうのはない、とお給仕の人が英語で返事しています。「子どもさんは、よく鶏肉料理をとります」と言っているのが聞こえてきました。

しばらくすると、子どもたちがテーブルで騒いでいました。夫婦には前菜が運ばれてきたようですが、子どもたちの前には何もない! 料理を分けてあげるでもない。

ひょっとして、お子様ランチがなかったので何も食べさせないのかな?… と心配してしまいました。

子どもたちは外に行って、またテーブルに戻ってきて、を繰り返しています。何も食べるものがなかったら退屈してしまって当然ですよね?



そもそも、食事の時間が長くなるグルメレストランなんかに幼い子どもを連れてくるのって、子どもにとっては迷惑だと思います。

過去にも可哀そうに見えてしまった子がいたので日記にしていました:
レストランで退屈していた女の子 2008/08/04


気になった家族のテーブル。メインになったら、子どもたちにも一皿届きました。
ほっとしました!

子どもだったらデザートが好きなのではないかと思ったのですが、それはなし。
また外に遊びに行っています。


食事が終わると...

私の方はお腹いっぱいになったので、このフレッシュチーズを食べました。



私たちもコーヒーを飲んで終わりにすることにしました。

コーヒーカップが面白い。


プラスチックのカップを歪めたような形。持ち手はなし。おもしろいけど、別にね…。

レストランを出ると、さっきの男の子が遊んでいました。



やけになったようにプラタナスの木の皮をむいていました。
なんだか可愛そう…。

止まっていた車の中にノルウェー・ナンバーのものがありました。英語で話していたので何人なのかなと気になっていたのですが、はるばる北欧から来たらしい。

遠い国ですね。どのくらいの距離を走るのかと地図で調べてみたら、オスローからなら2,000キロくらい。ブルゴーニュからイタリア半島の靴の踵のあたりまで行ったときの距離がそのくらいだったので、ドライブ旅行ができないことはない遠さですね。

でも、もしもノルウェーの東の外れから来ているとしたら、その倍くらいありそう。せっかくの夏休みなのですから、子どもたちがもっと楽しめるような家族旅行にしてあげれば良かったのに…。




可哀そうな子どもたちのことが気になってしまってはいたのですが、美味しい食事を楽しみました。
特に、前菜の写真にも写っているワインがすっかり気に入りました。

そのワイナリーは近の村にあるので、レストランを出た後にワインを買いに行ってみることにしました。

続く


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

[続きを読む  Lire la suite...]


カテゴリー: その他の国 | Comment (5) | Top
この記事のURL | Rédiger