FC2ブログ
| Login |
2017/09/14
今まで気にしたことがなかったのですが、今年はとても気に入ったフルーツがありました。

mirabelleミラベル)という西洋スモモです。

いかにもフランス語と感じさせる単語。日本語訳があるのではないかと調べたのですが、ミラベルと呼ぶしかないみたいでした。英語でもmirabelle plumと呼ぶようです。

少し前に友人が作ってくれたミラベルのタルトが素晴らしく美味しいと感激したので、短い間に2度作ってもらっていました。




前回に書いた「ブドウ収穫をしている人たちのために、ワイン農家が用意していた料理」で書いた農家が作っていたのはミラベルを使ったクラフティーでした。

クラフティーなら、私はサクランボのシーズンにはよく作っています。ミラベルでも作れるならと、この後さっそく作りました。簡単に作れて美味しい♪

ミラベルが余ったのでジャムを作ろうかと思うと友人に相談したら、ジャムの中でもミラベルのは最高なのだと言われたので、これまた作ってしまった。


ミラベル・ジャムのレシピ

サクランボで作る私のクラフティーのレシピでは、種は取り除かないので、ミラベルもそのまま入れました。ですので、クラフティーを作るのは簡単だったのですが、ミラベルのジャムでは種を取り除く作業に時間がかなりました。でも、小さな種が入っている果物をこすのに比べたらずっと楽でした。

作った写真は撮らなかったので、使ったレシピの紹介に入っている画像はこちらでご覧ください

材料:
  • ミラベル 1キロ
  • グラニュー糖 500~750グラム(甘くしたくない場合は少し減らす)
  • レモン 1個

作り方:
  1. ミラベルは洗ってから種を抜き、砂糖とレモン汁を入れてかき混ぜ、冷蔵庫で一晩寝かせる(12時間以上)。
  2. 翌日、鍋に入れて再びかき混ぜ、煮る。灰汁が出てきたら取り除く。煮ている時には、かき混ぜて焦げないようにする。沸騰してから20分くらいでジャムになる。
普通にジャムを作る時は、果物と砂糖の割合は1対1。でもミラベルは果実のままでもかなり甘いので、レシピの砂糖の分量は控えめにします。確かに、フルーツで作るジャムの中で一番美味しいと言われたのも理解できると思うおいしさに出来上がりました。


ミラベルは日本では手に入りにくい?

フランスでのミラベルの産地として有名なのはロレーヌ地方なのだそう。ドイツに近くて、アルザス地方に隣接している地域です。こういう感じのフルーツだと南仏で生産されるイメージがあるのですが、そんなに日照が良くなくても育つのかな?...

ミラベルは、日本で生産して売っているものは市販されていないような感じがしました。日本で農業をしている友人にミラベルの木を植えて育ててみたら? と言いたくなって調べてみたら、苗は日本でも売っていました。でも、お高い...。




ミラベルは気にしたことがなかった

フランスにはプラムの類いが色々あるので、名前をちゃんと覚えていなくて、ミラベルに注目したことがなかったらしい。それと、ミラベルは出回る期間は短いそうなので、売っているフルーツを見かけることが少なかったかもしれない。

今まで「mirabelle(ミラベル)」と聞くと、アルコール度が高い果実酒を思い浮かべていました。

自家製でミラベルのブランデーを作っている人も多いので、馴染みのある名前。

梅酒のように作るわけなので、ミラベルは甘味がないプラムなのだろうという印象を持っていました。

ところが、このフルーツは酸っぱさが全くなくて、とても甘いのです。

もっと早くからお気に入りにしたかった...。先日行った朝市で農家直売のミラベルを買ったときには、これが最後で、もうシーズンは終わりだと言われたのでした。

ミラベルをジャムにすれば数年でも保存しておけるそうなので、もっと作っておきたかった...。





  


ブログ内リンク:
サクランボのクラフティー 2005/06/21
アプリコットは皮をむかないでデザートを作るのか? 2006/08/11
★ 目次: レシピ、調理法、テーブルウエアについて書いた記事
★ 目次: 食材と料理に関して書いた日記のピックアップ

外部リンク:
フランスの万能フルーツ!初秋の果実「ミラベル」 とは?
Confiture de mirabelles... l'or des lorrains !!!
Recettes à base de mirabelles
☆ Wikipédia: Mirabelle » Mirabelle de Lorraine


にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村


カテゴリー: 食材: 果実 | Comment (2) | Top
この記事のURL | Rédiger
コメント
この記事へのコメント
わたしは 甘すぎるジャムはあまりすきでないので
杏や 梅や オレンジなどでは ジャムをつくりますが
かならず レモン汁をしょうしょういれます、、
そうすると 甘酸っぱく 味がシャープになるのですよ、、
去年は梅ジャムの 種が面倒なので
種ごとジャムにして パンに塗るなら
取り出すときに 種をこそぎとって
使いました〜
友達にあげるときに [ワイルドな ジャムだからね」といってあげて 笑われましたよ〜

トマト、、皮はだめで 剝きますが
種は ゼリーのようで 大好きですよ〜
2017/09/18 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05さんへ

>甘酸っぱく 味がシャープになるのですよ、、

ジャムのレシピによくレモン汁を入れるとあるので、なぜなのかと思っていたのでした。

私も甘すぎるジャムは好きではないので砂糖を控えめにしてしまうのですが、そうすると日持ちしなくて、1年くらいすると表面にカビが出来てしまう。フランスにいるときの朝食はコーヒーを飲むだけなので(日本にいるときは食事が軽いので朝食も食べる)、ジャムを作っても余り消費しないので残念です。

梅ジャムとは知らなかったのでレシピを眺めてみました。下茹でをしたりして、かなり手間がかかるのですね。

>トマト、、皮はだめで 剝きますが 種は ゼリーのようで 大好きですよ〜

そうなのですか。私は種アレルギーかな。キウイは種を取り出せないので嫌いな果物です。
2017/09/18 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する