FC2ブログ
| Login |
2017/09/22
お気に入りレストランでの食事」で書いたレストランに行ったのは、買い付けに行ったワイン農家で試飲した後だったのですが、レストランに入ると、またまたワインを飲む必要(?!)があります。

食前酒も兼ねて、まず白ワインを注文。

この日は、昼食の後にまだまだ予定があったので、ずっしりくるワインは飲みたくありませんでした。それで、ワインリストにあった地元マコネの白ワインを飲むことにしました。マコネというのは、ブルゴーニュ南部にあるマコン市周辺の地域を指します。

マコン・ミリー・ラマルティーヌ(Mâcon Milly-Lamartine)というアペラシオンの白ワインを選びました。



ブルゴーニュ南部で生産されているAOC/AOPマコネの白ワインは、軽くて飲みやすいために私は水代わりに飲んでいます。毎日飲んでいるワインなので、家では飲まないアペラシオンを選んだのでした。

マコネ地域で買い付けに行くワイン農家は何軒もあるのですが、マコン・ミリー・ラマルティーヌを作っているところはないので、飲むのはレストランでとなっています。

マコン市とミリー・ラマルティーヌ村の周辺地域で作られるワイン。

Alphonse de Lamartine
このワインは、名前に惹かれるのです。

ラマルティーヌというのは、政治家の活動もしていたロマン派の詩人アルフォンス・ド・ラマルティーヌAlphonse de Lamartine 1790~1869年)の名前です。

ラマルティーヌが生まれたのはマコン市。この町に行くと、町の中心には彼の彫像もあるし、公立高校の名前もラマルティーヌだし、商店などの名前にも使われていて、ラマルティーヌだらけ。

日本では余り知られていない詩人ではないかと思うのですが、Wikipediaでは日本語の項目で「アルフォンス・ド・ラマルティーヌ」ができていました。

詩人のラマルティーヌは、マコン市から近いところにあるミリー・ラマルティーヌ村にある小さな城で幼少期を過ごしていました。


Milly-Lamartine

Château de Milly


ミリー・ラマルティーヌという村の名前に、村にゆかりがあるラマルティーヌが入っているのが気になりました。この村の名前はミリーだったのですが、20世紀初頭に「ラマルティーヌ」も加えたとのことなので、ラマルティーヌが住んでいた頃にはミリー村だったわけです。


このアペラシオンは久しぶりに飲みました。前回に飲んだ時にとても気に入った記憶があったので選んだのですが、やはりとても美味しかった。

どんなワインなのか、私はうまく説明できないので、詳しく紹介しているショップをご覧ください。


このワインは、誠実に作っているドメーヌらしいと感じたのですが、お手頃価格ですね。日本で買うときのために覚えておこうと思ってリンクを入れておきました。

ブルゴーニュにいるとき、フランスの硬水を受け付けない体の私が、水代わりに飲むのはマコネの白ワインです。でも、日本にいるときには、そのランクのブルゴーニュワインが3,000円を超える値段で売っていたりするので、好きではないボルドーを飲むことが多くなってしまっているのです。


マコン・ミリー・ラマルティーヌを楽天市場で検索


 【楽天市場】人気の銘醸ワインが勢揃い!ブルゴーニュ特集

ブログ内リンク:
フランスの詩人ラマルティーヌの墓地 2009/04/16 
★ 目次: 文学者・哲学者、映画・ドキュメンタリー
★ 目次: フランスのワイン産地、アペラシオン、セパージュ
★ 目次: ワインなどアルコール飲料に関するテーマ

外部リンク:
Lamartine (Alphonse de) poète et vigneron à Mâcon (Bourgogne)
☆ Wikipédia: Milly-Lamartine ⇒ Château de Milly
Alphonse de LAMARTINE à Mâcon et Milly
Vin Mâcon Milly-Lamartine blanc


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へにほんブログ村にほんブログ村 トラコミュ フランスのお酒 (ワインなど)へ
フランスのお酒 (ワインなど)



コメント
この記事へのコメント
こんど 近所の友と 食事会するのですが
お客の男性が 「 総計5人だから (ひとりは ほとんどのまない)
ワイン3本持ってけば良い?」 と いってたけど
このごろわたしは あまりワインを飲めなくなった、、
食事には ビールとワインは少々、、でいいくらい〜

そちらでは 人数分だけのワインを
あけますか?
2017/09/22 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05さんへ

>総計5人だから (ひとりは ほとんどのまない)ワイン3本持ってけば良い?

5人のうちお二人が飲まないとしたら、3本用意すれば最低限は保証されるでしょうね。たくさん飲まれたときに、「もうありません」と言ってしまえるのだとしたら、ですが。

>そちらでは 人数分だけのワインをあけますか?

自宅だと、いくらでもワインはありますから。在庫にある中で、これは凄いワインだから飲ませたいとセラーから出しておくというのに気をつかいます。自宅に招待したときに出すシャンパンやワインはボトルの数を数えません。予想外にたくさんン飲まれたときには、急遽、地下のワインセラーまで探しに行くということは経験しています。
2017/09/22 | URL | Otium  [ 編集 ]
招待先のお宅は ワインが大好きで
飲む為に 呼んでくれるのですよ〜だから
ワインはもってこなくても大丈夫よ、、と
いってくれますけどね〜
男性が持って来た3本が なくなっても
彼女の家からは どんどん 出て来ますけどね〜
女性は 料理を何かしら1品は 持って行くので
男性は 飲み物か お菓子 果物などと
気をつかい 言われたのですが、、

そちらでは 一人1本くらいで
心つもりなさるのでしょうね〜
2017/09/23 | URL | katananke 05  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke 05さんへ

招待先のお宅がワイン好きとなると、持って行くワインを何にすれば良いかで難しいですね。持ってこなくて良いと言われていたら、私だったら、すごく良いワインを1本お土産にするかな...。

>そちらでは 一人1本くらいで心つもりなさるのでしょうね〜

ワイン付きの安い食事だと、1人でボトル半分の量のワインを付けるというのは定番だと思います。たくさん飲む人は追加料金を払ってワインを買えば良いわけだし、余り飲まない人のためには料金を抑えておくという効果があるので。

私だったら、シャンパン、白ワイン、赤ワインを1人がボトルの半分ずつ飲むと計算して、最低限で1人1本半はキッチンに用意しておかないと心配ですね。昼から始まって夜まで続く食事会だったら、もっとたくさん必要。飲み時を過ぎてしまって捨てる場合もあるので、やはり大目に用意しておいた方が良いでしょうね。

昨日は6人で夕食会だったのですが、マグノムボトルの白ワイン(1級ランク)1本は少しだけ変質していたので放棄して、別のワインをあけました。昔は普通のワインでも10年くらい寝かせておけたのですが、最近は早く飲むように醸造しているらしいので残念です。

友人に聞いてみたら、食事会を開いた時にボトルが何本必要かというのは全く考えないと言っていました。シャンパンしか飲まない人が来るときには、シャンパンをいつもより多く冷やしておくとか、このワインを飲ませたいと思うとっておきのボトルをセラーから出しておくなどを考えるようです。

足りなかったらワインセラーに行けば良いだけのことなので、本数を考える必要はないでしょうね。パリのマンションなどだと、地下のセラーまでエレベーターで降りていかなければならないために時間がかかるので、本数は気にするかもしれない。大目に用意しておいて、余ったら後日に自分たちで飲めば良いわけですよね。

ここはブルゴーニュだからたくさん飲むのであって、フランスでも他の地域ではそんなには飲まないだろうと思います。
2017/09/23 | URL | Otium  [ 編集 ]
白ワインは、ほとんど飲まなくなりました。
赤ワインも、あまり飲まなくなりましたけれど・・。(汗)

こちらのワインは、私でも知っている有名な、コント・ラフォンが関係しているんですね(ブルゴーニュもほとんど知らないんです)。
さすが、Otium さん、美味しかったでしょうね〜。
日本では、4〜5千円ほどのようですから、お安くないですね。

*エノテカより
1868年、ジュール・ラフォン伯爵によって設立されて以来、代々ラフォン家によって運営され、1987年には現当主、ドミニク・ラフォン氏が醸造責任者になりました。

ドミニク氏は醸造テクニックに偏っていた古い手法を一新し、ブドウ栽培に重点をおいた新しいワイン造りへと改革。自ら畑を耕し、1995年からビオディナミを開始。1998年には全ての畑をビオディナミへ移行しました。

そのような変革が実を結び、コント・ラフォンのワインは世界的に高い評価を受け、その名声と生産量の少なさによって、価格は年々高騰。現在も入手しづらい状況が続いています。

そのような中、ドミニク氏は「より身近でより気軽に楽しめるワイン造りたい。」 という想いのもと、1999年同じくブルゴーニュ地方のマコンの地にレ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンを設立。
エリティエールとは、「後継者」という意味であり、世界最高峰の白ワインと称えられるコント・ラフォンのムルソーのスタイルをしっかりと受け継いだワインを目指しています。

ドミニク・ラフォン氏が選んだマコンという土地は、コート・ド・ボーヌの南に位置するマコネ地区にあります。マコネ地区にはシャルドネ村が現存することから、シャルドネ発祥の地と言われています。

レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンでは、本家コント・ラフォンと同じビオディナミを実行し、100%マロラクティック発酵、ノンフィルターで瓶詰めしています。
ムルソーと同じ贅沢な手法で造られるワインは、マコンらしいフレッシュさがありながら、ムルソーを思わせる凝縮した果実やナッツの香り、きっちりとしたミネラルと上品な酸があり、洗練された一流の風格が感じられます。

マコン・ミリー・ラマルティーヌは、ミリー村にあるの素晴らしい畑で、ラフォンのワイナリーのすぐ後ろ側に接した斜面にあります。
ラフォンのマコンの中で、最も標高が高い350メートルにある区画で、
ミネラル豊富な味わいと、引き締まった後味が特徴です。

2017/09/26 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
長くなってしまいましたが、すみません、Otium さんにお尋ねです。

ドメーヌ・Comtes LAFON は、Comte に s が付いているのですが(複数)、
マコンに設立された、このワインの生産者名の Comte には、s が付いてないですが、何か意味があるのかしら〜〜、(笑) なんですが・・。

生産者名  Les Heritiers du Comte LAFON



2017/09/26 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

エノテカ情報、ありがとうございます♪

実は、「マコン・ミリー・ラマルティーヌ」というアペラシオンの名前に惹かれて選んだだけなのでした。ちゃんとしたレストランだと、ソムリエさんが地元のワインを試飲しながら開拓しているので(高ければ良いという指標ではないのが嬉しい)、上質のワインを作っているドメーヌを選んでいたのだろうと思います。

またまた私が考えてもみなかったご指摘をくださって、感謝!♪

>ドメーヌ・Comtes LAFON は、Comte に s が付いているのですが(複数)、マコンに設立された、このワインの生産者名の Comte には、s が付いてないですが、何か意味があるのかしら~~、(笑)

マコネで始めた「Domaine Héritiers du Comte Lafon」の命名の方は、私には明解。héritiers(エリティエ)は、複数の後継者/相続人という意味。「Comte」という称号を得たドJules Lafonの跡継ぎ達のドメーヌということで、後継者は複数で、Comteの名前は単数形にしないと意味をなさない。

エノテカの説明で「レ・ゼリティエール」と女性複数名詞の発音の表記にしたのは私には不思議。語尾を「…ティエール」にしたら、後継者とは女性たちだけなのだと思わせてしまうからです。後継者が男性たち(ないし女性も含む複数)なら、「レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン」と片仮名で書くべきだと思うのだけど...。

「Domaine des Comtes Lafon」という方はよく分からない。ラフォン家が貴族の伯爵(コント)を持っているのなら「ド」が付いてComte de Lafonになるはずだと思うのだけど、そうではないからです。

ドメーヌの創設者となったJules Lafonは弁護士としてデビューし、「Comte pontifical(教皇のコント?)」という称号を1918年に得たのだそう。カトリック教会の権利保持のために弁護士として貢献したために与えられた称号なのかな?...。

ジュール・ラフォンは、結婚した女性の関係でムルソーなどの高級ワインのブドウ畑を手にして、そこからドメーヌの歴史が始まった。1918年に得た「コント」の称号が、普通に使われる貴族の称号の「コント(伯爵)」のように世襲できるなら、代々のコントということでドメーヌの名前で複数形にするのが自然で、「Domaine des Comtes Lafon」になる。

それにしても、このドメーヌの名前に使っている「コント」って、何なのだろう?…

>1868年にジュール・ラフォン伯爵によって設立されて以来...

1868年というのは間違いではないかな...。ドメーヌのサイトにある情報では、ジュール・ラフォンが生まれたのは1864年。彼がワイン醸造家の娘と結婚したのは1894年。その後でないと、ジュール・ラフォンはワインづくりには関係できなかったはず...。

「Domaine des Comtes Lafon」というドメーヌの名前では「コント」を複数にしているので、この名称でワインを売るようになったのはジュールの時代ではなかったはず。ジュールの子どもは自分ではワインづくりをせずに、所有していた畑を小作人に賃貸ししていて、ジュールの孫のルネ・ラフォン氏が貸していた土地を少しずつ取り戻しながら、1961年にドメーヌでボトル詰めを始めたそうです。

Domaine des Comtes Lafonという会社名での創業は1993年とありました:
https://www.societe.com/societe/domaine-des-comtes-lafon-393418744.html

それでも、このドメーヌの歴史はジュール・ラフォンの時代に始まったというのが自然だとは思います。

ワインは美味しければ良いと思っている私なのですが、不思議がいっぱいのドメーヌだったのですね。少し調べてみただけですが、面白かったです。
2017/09/27 | URL | Otium  [ 編集 ]
お忙しいところ、いつもお手数をおかけいたします。ありがとうございました!
そういうことなんだな〜〜と、分からないながらも分かったような・・。(汗)
 Les Héritiers  レ ゼリティエ(ー)ル、例えると、ソムリエと、ソムリエールの違いと同じでしょうか。お詳しいと、とても変でしょうね。

コント(伯爵)、といえば・・で、コント・ド・シャンパーニュ・テタンジェを検索しましたら、あるサイトでは、文章の一部が侯爵になっていました。あらら・・。

フランス語の翻訳サイトで伯爵を翻訳すると、Comtではなく、Earl アールになるんですけど・・どうして??(英国では、国内の伯爵はEarl、英国外の伯爵はCount)。

コントの後のde ですが、姓(苗字)の前に、元々de が付いてるか否かの違いなのでしょうか?  Lafonさんは、 de がない姓ですよね。そういえば、 deバルザックは de が付きますが、自称だったとか。

あちこち飛んで(汗)、デュ・バリー夫人や、ポンパドール侯爵(のち公爵)を検索していて、ふと、ルイ15世が与えた、ポンパドールって(Marquise de Pompadour)どういう意味??と調べてみたら、アキテーヌのポンパドールにあるポンパドール城を与えられたからだとか。地名でもあるんですね。あら〜。

そうですよね、当たり前といえばそうなんですけれどね。いままで、気にもしていなかった。(汗) 
2017/09/28 | URL | フォルナリーナ  [ 編集 ]
Re:
v-22 フォルナリーナさんへ

>Les Héritiers  レ ゼリティエ(ー)ル、例えると、ソムリエと、ソムリエールの違いと同じでしょうか。

その通りです♪ 日本のショップでも「レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン」として売っているところもあったので、そちらの方が仏語の発音に近い表記だと思うのですけど。

>フランス語の翻訳サイトで伯爵を翻訳すると、Comtではなく、Earl アールになるんですけど・・どうして??

Google自動翻訳にかけてみたら、本当にEarlと出た~! 仏語でcomteを入れて、日本語に訳させたら「カウント」、英語にさせたら「county」。エキサイト翻訳でしても同じ結果なのでした。Infoseekマルチ翻訳では正しく訳されましたが、comteを日本語に訳させたら「カウント」。

なぜか「伯爵夫人/Comtesse」にすれば、どのサイトでも間違えない! 「伯爵」は短すぎるのが問題なのかと、Googleで「伯爵夫妻」を訳させたら、ご主人は無視されて「comtesse」になっちゃった。変なの…。

>英国では、国内の伯爵はEarl、英国外の伯爵はCount)。

イギリスではそうなのですか。フランスでも、国内と国外の伯爵のタイトル名が違うのかなと思って英仏辞典で調べてみたら、両方ともComteと出てきたので、フランス語では区別がないみたい。

>コントの後のde ですが、姓(苗字)の前に、元々de が付いてるか否かの違いなのでしょうか?

私の知識では、貴族の称号を持つ人はdeが付いている。deの後は、統治している土地の名前だったり(コント・ド・シャンパーニュなど)、一族の名前(ロマネ・コンティのオーベール・ド・ヴィレーヌ氏など)だったりする。

フランスで2通りのコントがあるのを、イギリスでは区別しているのかも知れないと思えてきました。

英語のCountとEarlの語源について、こういう説明がありました:
Countの語源は、後に行政単位となる国、郡、州を意味するCountry。Earlの方は、アングロ・サクソン時代に地方の行政・司法・軍事等の権力を王からゆだねられた貴族のエアルドルマンEaldormanに由来する。

>deバルザックは de が付きますが、自称だったとか。

そういうのもあるので、ややっこしい! バルザックは、生まれた時の名前(Honoré Balzac)で作品を出していたけれど、注目されるようになったらHonoré de Balzacにしたそうです。ペンネームだと許されるのかな...。

貴族風の名前にした現代人としてよく引き合いに出されるのは、大統領だったヴァレリー・ジスカール・デスタン(Valéry Giscard d'Estaing)。Giscardという苗字だった彼の父親が、1922年にGiscard d'Estaingという名前を獲得。大統領に出世した息子のジスカールは、2005年にChâteau d'Estaing(エスタン城)を購入しています。その城を持っていたd'Estaing(デスタン)という由緒ある家系は1794年に途絶えていたので、ジスカール・デスタンが本物の貴族の家系のようにするために城を手に入れたと悪口を言われます。

もっとも、「貴族」とは言うけれど、1870年に始まったフランス第三共和政以降は、法的に認められているわけではなく、私的に用いらているだけなのだそう。

いつも調べてみるきっかけを作ってくださる博識のフォルナリーナに感謝しております♪
2017/09/29 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する