| Login |
2018/01/25
写真アルバムを整理していたら、友人がレジオンドヌール勲章をもらうセレモニーに行ったときの写真が出てきました。10年以上前のことでした。

パリ市庁舎でのセレモニー

レジオンドヌール勲章の叙勲式というのは、いつ、どこで行われるのかは定まっていないような気がしました。でも、勲章というのには私は興味はないので、どういうシステムになっているのかは調べていません。

私が招待された叙勲式は、1月中旬に、パリ市庁舎で行われていました。

Hôtel de ville de Paris

パリ市庁舎は、19世紀後半におこったパリ・コミューン革命の時に火をつけられ、建物の骨組みだけ残る程度に全焼した再建されたものです。パリ市のど真ん中にあるし、目立つ大きな建物なのですが、いかにも19世紀の建築物らしい派手さがあって、私は好きではありませんでした。でも、レセプション・ルームが立派だったのには驚きました。

会場にいた市役所の係の人と話したら、私たちのセレモニーが行われていたときには、他の3つのレセプション会場でも何かセレモニーが行われているのだと言われました。

叙勲式の後は、カクテルパーティーになったのですが、用意されていた食べ物がおいしかったです。それを覚えているのは、この日の昼には、セレモニーに一緒に行く友人と美味しいレストランに行って、たらふく食べてしまったために、パリ市が用意したものをほとんど味わうことができなかったのが残念だったから!



レジオンドヌールをもらった私の友人は学者さんなので、招待されていた彼の友人や知人は気取らない人ばかりでしたし、この時に叙勲式をとりしきったパリ市長さんもリラックスした人だったので、和気藹々として楽しい雰囲気でした。こういう時には、日本ではやたらに儀式ばるだろうな...、と思った。

それにしても、パリ市庁舎が立派なのは印象的でした。友人の奥さんも私もリラックスした服装が好きなのですが、この日もは二人とも、スーツを来て、少しヒールのある靴を履いて正装。それで、セレモニーが終わって引き上げるときには、大きな階段がツルツルして滑りそうなので、私たちは階段の手すりにつかまって歩いた、というのも楽しい思い出でした。


レジオンドヌール勲章は、戦争との結びつきを感じさせる

フランスにある勲章の中では最も価値が高く、外国でも有名です。日本では「レジオンドヌール勲章」と表記するのが一般的なようでした。フランスでの正式名称は「Ordre national de la Légion d'honneur」。

「レジオン・ドヌール」と単語の区切りを入れるべき単語なのに、どうして続けて「レジオンドヌール」にしたのか、私にはわからない...。

切れているのだと受け取ったとしても、「ドヌール」と言われたら、何のことかと思ってしまうではないですか? フランス語を知っていても、それが「honneur(名誉)」のカタカナ表記だとは連想できないですよ。

Légion d'honneur(レジオン・ドヌール)を訳すとしたら、「名誉軍団」?

この勲章の授与は皇帝ナポレオン1世が創設したもので、戦いで活躍した兵士に与えらえる勲章でした。現代では軍隊との結びつきは薄いイメージがあると思いますけれど、発祥を考えたら文化人にも与えているというのは変なのですよね。

1804年、ナポレオンによる初のレジオンドヌール勲章授与の様子を描いた絵画です。

Premiere distribution des decorations de la Legion d'honneur
Première remise de décorations de la Légion d’honneur par le Premier Consul Bonaparte, le 15 juillet 1804, d’après le peintre Jean-Baptiste Debret

このセレモニーは7月15日だったとあるので、フランス革命記念日の翌日ですね。


レジオンドヌール勲章には5等級ある

この勲章には、全部で5つのランクがあります。最上級は、現代では大統領にでもならないといただけないらしいです。順番にいただいて等級を登るのが普通らしいので、下から始めます。

まず、Gradeと呼ばれる等級:
生存している受勲者数
(2010年現在)

5等 シュヴァリエ
Chevalier(騎士)
74,384人

4等 オフィシエ
Officier(将校)
17,032人

3等 コマンドゥール
Commandeur(司令官)
3,009人



その上に、Dignitéと呼ばれる等級があります:

2等 グラントフィシエ
Grand officier(大将校)
314人

1等 グランクロワ
Grand'croix(大十字)
67人

生存受勲者合計:  94,806人

フランス語の名称を見たら、これは軍人に与えられる勲章だとしか思えないですよね?

レジオンドヌール勲章を受勲したと言っても、たいていはシュヴァリエで、せいぜいオフィシエでしょうね。2010年の生存受勲者の数でいえば、この2つの等級を持っている人が全体の96%を占めていることになります。


赤いリボンのルーツ

ところで、赤いリボンは、17世紀にルイ14世によって設けられた「聖ルイ勲章(Ordre royal et militaire de Saint-Louis)」の名残なのだそうです。

 Order of Saint Louis

フランス革命をやった後に作られた勲章なのに、王政時代にあった勲章を真似ているのって、変ではないですか。



la Légion d'Honneur


受勲を喜ぶ人もいれば、拒否する人もいる

レジオンドヌール勲章ができてから今日に至るまでの間、叙勲者の総数は100万人。そのうち現在生きている人は9万人余り。今日では、毎年3,000人くらいが受勲していて、受勲者の3分の1は軍人で、残りが一般人と言う感じなのだそうです。

この勲章を軍隊の人がもらうのには全く抵抗がないでしょうが、そうでない有名人の中には拒否する人たちはかなりいました。フランスでは、誰それにレジオンドヌールが与えられたというニュースより、拒否した方が英雄として大きく報道されるのではないかという気もします。

例えば、ずいぶん昔のことですが、大きく報じられたのは哲学者のジャン=ポール・サルトル。彼はノーベル賞も辞退していました。信条があったら勲章はもらいたくないと主張するのは当然、という気もする。私もやってみたいけれど、ノミネートされなかったらできない!

最近では、ベストセラーになった『21世紀の資本』著者の経済学者のトマ・ピケティが受勲を拒否していました。

「だれに名誉を与えるか決めることは政府の役割ではない」、「政府はフランスとヨーロッパの経済回復に専念した方がよい」というのが彼の理由で、つまり現政権をも批判したのでした。

レジオンドヌールは、立候補して与えられるものではありません。

では、拒否することができるのか、という問題があります。候補になったら普通は本人に事前に知らせられるので、避けることはできるような感じはしました。でも、叙勲者の名前が官報で公開された後には拒否できないのだそう。

トマ・ピケティの場合は、なぜか事前に知らされなかったようです。彼は叙勲したくないと拒否はしたのですけれど、レジオンドヌール勲章のオルドル(騎士団)である叙勲者団体には名前が連ねられているそうです。完全に名前を入れないようにと拒否しようとすると手続きが大変らしいのですが、作曲家のモーリス・ラヴェルはそれをしたとのこと。


日本人も、かなり叙勲している

約700人の日本人が、レジオンドヌールを叙勲しているそうです。

レジオンドヌール勲章を与えられた外国人の中で、日本人は1割を占めているという記事があったのですが、そんなにたくさんいるのでしょうか? 在日フランス大使館のサイトに、ここ数年の日本人の叙勲者の名前が書かれていたので眺めたのですが、多い年では10人を超していました。そんなにいるとは少し驚き...。

追記(2018年2月)
毎年、3,000人くらいのフランス人がレジオンドヌール勲章を受勲していて、外国人の受勲者は約400人いるとのこと。日本人の受勲者が1割を占めるとしたら、毎年40人くらいの日本人が受勲していることになります。

フランス人受勲者は、レジオンドヌール騎士団とでもいうべきOrdre national de la Légion d'honneurという団体のメンバーになりますが、外国人はそのメンバーにはならないそうです。名誉が欲しい人には残念なことでしょうね。

また、外国人の場合は、受勲式をオーガナイズしなくても良いとのことでした。

ところで、レジオンドヌール勲章は、下の等級から順に与えられて昇格していきます。与えられるにあたっては、勤続年数と等級間の年数に決まりがあるのですが、外国人の場合は、この選考基準は例外とされるとのこと。

外国人に与えらえる場合は、グランクロワは国家元首、グラントフィシエは首相クラス、コマンドゥールは大臣クラスが主な対象になるので、叙勲者数は極めて限られます。シュヴァリエ、オフィシエ、コマンドゥールが与えられる日本人は、日仏間の経済や文化交流の発展への功労者などが理由になるようです。

日本人がレジオンドヌール勲章をくれると言われたら、名誉だと思って、拒否はしないのではないでしょうか?

経済界の大物たちと付き合いが多い日本の友人は、あるとき私に言いました。レジオンドヌール勲章をもらえるなら大金を払うという日本人が多いので、叙勲を進める仕事をしたら儲かるよ、と。

フランス政府を喜ばせるような大金の寄付をするとか何とかして、勲章を与えるのに力がある人にコンタクトするとか、方法はあるのではないかという気もします。ノーベル賞だって。裏側は何か怪しげですから。でも、そういう仕事をして金儲けはしたくないですよ~。

フランスと同じように受勲を拒否した日本人がいたのかなと調べてみたら、面白いことを発見。

作家の大江健三郎は、文化勲章を拒否していました。「私は、戦後民主主義者であり、民主主義に勝る権威と価値観を認めない」というのが理由。これは、レジオンドヌールを拒否したフランスの芸術家や学者たちと同じような言い方ですね。

ところが、大江健三郎は、ノーベル賞も、レジオンドヌール勲章も、もらっていたのでした。つまり、外国からいただく分には抵抗がない?

しかも、フランス政府が彼にレジオンドヌール勲章を与えたのは、当時フランスの核実験に反対の姿勢をとっていたことを宥めようという下心があったらしいのです。そういう受勲をフランスでやっていたら、面白いニュースだとしてマスコミから叩かれたのではないかな...。

日本人は外国人から認めてもらうのが好きなのだ、というのを感じるエピソードでもありました。もっと自信をもってもらいたい...。


フランスらしいと思った演出

友人がレジオンドヌール勲章をもらうからとセレモニーに招待された時は、彼の学者としての仕事に対する功績なのだろうと思ったのでしたが、実際には彼が戦時中にしたレジスタンス活動に対する功績ということになっていました。この勲章の性格からいって、それなら友人が抵抗せずに受けたのも分かる気がする。

レセプション会場に行ってみると、友人の首に付けるらしき勲章が飾ってありました。



ビロードのクッションの上に置かれた勲章。とてもフランス的なセンスの良さを感じた演出でした。お花を添えていますが、こういう風に寝かせてしまうのも面白い。花瓶に花を活けているよりバランスがとれるかな...。

クッションの横に、勲章を与えるという文書がありました。友人が誰だったのかを勝手に公開するのは気が引けるので、書いてある文字はぼかしています。

このセレモニーに行ったときには、受勲した友人夫妻とのおしゃべりの中で、面白い話をたくさん聞きました。例えば、叙勲式が1週間前に迫ったとき、勲章がないことに気がついた、というお話し。結婚式のための結婚指輪がなかったというのと同じ?

それを続きで書きました:
レジオンドヌール勲章をもらうメリットは?

外部リンク:
Grande chancellerie de la Légion d'honneur
Wikipedia: Ordre national de la Légion d'honneur » レジオンドヌール勲章
在日フランス大使館: フランスの勲章 | 叙勲 | レジオン・ドヌール勲章
Weblio辞書: レジオンドヌール勲章 - 勲章の拒否
レジオンドヌール勲章への叙勲を拒否したフランス人経済学者
仏レジオン・ドヌール勲章 外国人叙勲の1割が日本人の事実
本当のことを言おうか:勲章の話
La grande chancellerie: La légion d'honneur en 10 questions
Le Monde: La Légion d'honneur en 5 questions
☆ L'histoire par l'image: Création de la Légion d'honneur

内部リンク:
ちょっと怖いな... 最近の日本礼賛ブーム 2015/03/01



Musées - La Légion d’honneur en son Palais


にほんブログ村


コメント
この記事へのコメント
叙勲
お友達は コマンドゥールですか
目出度さも 中くらいなり おらが星
かしら、、

>信条があったら勲章はもらいたくないと主張するのは当然、という気もする。私もやってみたいけれど

ぼくも 叙勲って 嫌
まず 上から目線の 「叙」に嫌悪
叙するとかって 何様の おつもりかしら

他人様から お前の人生は何等級とか
言われたくなどありません!!

ちなみに大江健三郎さんは 大嫌い
彼等のような「進歩的文化人」は日本の恥
大江さんて 東大仏文卒ですよね
そういえば 大嫌いな 立花隆さんも
東大仏文卒

あの世代の東大仏文卒って なんなんでせう。。。

彼等の 額にグランクロワを 貼り付けてあげたら
他人様から「文化人」と評価されたと
欣喜雀躍なさるのか しら ん ♪






2018/01/26 | URL | たかゆき  [ 編集 ]
名前は聞いたことがある 勲章です〜
生きているうちに もらえるというのは いいことだわ〜
宝石は入ってないのでしょうか?  七宝?

旭日なんたらというのをもらったという 方に出会いました〜
ある 業績で長年の 労苦を 評価された、、というような
お話でした〜
しみじみ 嬉しそうなお顔でしたので
それも また いいかなと、、
2018/01/28 | URL | katananke05  [ 編集 ]
Re: 叙勲
v-22 たかゆきさんへ

>目出度さも 中くらいなり おらが星

勲章を持っている人の数を書き加えたのですが、最低ランクのシュヴァリエが圧倒的多数なので、コマンドゥールが中くらいには位置しないと思うのですけど。

>大江健三郎さんは 大嫌い

私が彼の作品を読んだことがないのは、何となく毛嫌いしていたからだと思いますが、勲章のお話を知ったら、余計に好きではなくなった...。

>あの世代の東大仏文卒って なんなんでせう。。。

大学や時代に関わらず、フランス文学を勉強する日本の男性の中には、妙に気取った人が多いような気がする...。
2018/01/28 | URL | Otium  [ 編集 ]
Re:
v-22 katananke05さんへ

>宝石は入ってないのでしょうか?  七宝?

白い部分は七宝だという説明がありました。

>しみじみ 嬉しそうなお顔でしたので
それも また いいかなと、、


そうですね。
2018/01/28 | URL | Otium  [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する